研究・産官学連携研究代表者メッセージ

MESSAGE

研究代表者 薬学部教授 原 脩

 これまでの医薬品開発では経口医薬品の利便性もあり、分子量が500程度の低分子医薬品がその大半を占め、有機合成化学はこれら医薬品の開発や製造において大きな役割を果たしてきました。対照的に最近の医薬品開発では抗体医薬品をはじめとする化学合成では実現困難な高分子量のバイオ医薬品が、新たな治療手段として注目されています。これは、低分子医薬品が受容体・酵素と生体シグナル小分子の相互作用(鍵と鍵穴の関係)を標的としたのに対し、生体タンパク質間相互作用を標的とする創薬にシフトしていると言えます。
 一方、細胞内のタンパク質間相互作用を標的とする場合には、中分子サイズが適当と考えられており、これらの状況は疾患特異的な標的分子にあわせ適切な分子サイズが必要と言うことを示しており、医薬品の多様化が進んでいます。
 このように医薬品開発では低分子から高分子にわたる治療手段が多様化してきており、そこには新たなアンメットニーズ(充足されていないニーズ)が顕在化し、新しいコンセプトに基づいた創薬の重要性が高まっています。このような状況下医薬品開発において「化学合成」は、現在でも必須の基本技術で有ることは変わりありません。むしろ多様なニーズに応えるだけの力量を付けていくことが問われており、そのための基盤技術開発にはアカデミアに対する期待が大きい領域だと考えています。

 以上のように医薬品開発の潮流が変化するといえども、今後その解決には、いずれも「分子構造」を踏まえた「化学合成法」や「反応」の開発が技術基盤の根幹を占めます。本研究センターから発信できる成果が、将来に向けた新しい医薬品の変革を見据えた、革新的な技術として成長することを期待しています。更に社会性、環境面など産業界のニーズに応えられる研究内容であることから、従来にも増して産学間の交流が深まり、社会貢献にも繋がると考えています。

  • 情報工学部始動
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ