研究・産学官連携動物実験

動物実験委員会の主な役割

動物実験委員会は、平成23年8月20日に、「動物の愛護及び管理に関する法律(昭和48年法律第105号)」、「実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準(平成18年環境省告示第88号)」、文部科学省が策定した「研究機関等における動物実験等の実施に関する基本指針(平成18年6月)を踏まえ、日本学術会議が作成した「動物実験の適正な実施に向けたガイドライン(平成18年6月)」を参考に、「動物の処分方法に関する指針」(平成7年総理府告示第40号)、その他の法令等に定めがあるもののほか、本学の「動物実験取扱要項」に定めた動物実験等の適正な実施のために必要な処置を講ずることを目的として、動物実験計画の承認、実施状況及び結果の把握、飼養保管施設及び実験室の承認、教育訓練、自己点検・評価、情報公開、その他動物実験等の適正な実施に関して報告又は助言を行うことを目的として設置されています。

作成提出審査承認
下記の実験計画等

各学部事務室

学部等委員会・動物実験委員会

学長

申請書等については、こちらからダウンロード してください。(学内者のみ閲覧可)

実験動物施設(薬学部)

実験動物施設生体の制御機構、その障がいから生まれる病気に対する新しい治療薬や治療方法を開発するには、実験動物を用いた研究が大変重要な位置を占めています。実験動物施設では、マウス・ラットを中心に最新式の飼育室9室、実験室13室を設け、温・湿度、照明を自動制御したSPF (特定病原菌フリー)環境を提供しています。飼育管理は、「実験動物技術者」の資格を有する専任の管理者によって行われ、高度な教育・研究を支えています。

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ