研究・産学官連携組換えDNA実験

組換えDNA実験安全委員会の主な役割

組換えDNA実験安全委員会は、遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律(平成15年法律第97号)、遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律施行規則(平成15年財務省・文部科学省・厚生労働省・農林水産省・経済産業省・環境省令第1号)及び研究開発等に係る遺伝子組換え生物等の第二種使用等に当たって執るべき拡散防止措置等を定める省令(平成16年文部科学省・環境省令第1号)その他の遺伝子組換え生物等に関係する法令(以下「法令」という。)により、本学における組換えDNA研究の推進及び教育の充実を図ることを目的として設置されました。学長の諮問に応じて、実験の審査等の事項について、調査、審議、助言又は勧告すること、及び推進のための学内講演会を毎年開催しています。

作成提出審査審査
下記の申請書等

各学部事務室

学部等委員会

(大臣承認等の場合)組換えDNA安全委員会

申請書等については、こちらからダウンロード してください。(学内者のみ閲覧可)

FEATURE

  • FEATURE3
  • FEATURE2
  • FEATURE1