コンセプト

Global Communicator 世界人材

世界と対話・協働し、
新たな価値をつくりだす
【世界人材】を育成

Hands-On Learningを通じて、グローバル化社会に
求められる英語力、国際理解、実践力を養成

グローバル化が進展する社会では、ツールとしての語学力だけでなく、社会を構成する多様な価値観を理解し、文化の異なる人々と対話を通じて関係を構築する力が強く求められています。
外国語学部国際英語学科(2016年4月開設)では、英語が溢れる学習環境や留学をはじめとするHands-On Learning(体験重視型学習)を通じて、実社会で必要とされる「英語力」、世界や日本の多様な価値観を知る「国際理解」、社会や世界で活躍するための「実践力」などを養成。
自らの言葉で世界と対話・協働し、新たな価値をつくりだすGlobal Communicator【世界人材】を育成します。

英語力 国際理解 実践力 世界と日本をつなぐ世界人材
英語力 国際理解 実践力 世界と日本をつなぐ世界人材

世界で活躍できる
Global Communicatorへ。

国連機関や大学において、文化的・社会的背景の異なる人々と共に、数々の国際開発プロジェクトに取り組んできました。ある国の道路インフラ開発プロジェクトにおいて、相手国側が観光客や外国人訪問者の増加などにより自国の文化が失われることを懸念し、効率的な移動手段の導入を見送るということがありました。文化、伝統、生活スタイルなどの相違により、ものの見方や価値観が大きく異なるということを示す印象深い出来事でした。このことから、グローバルな異文化間コミュニケーションにおいては、語学力に加え、異文化および自文化を相互に理解し、対話に基づく信頼関係を構築することが大切であると考えています。
国際英語学科では、急速にグローバル化が進展する社会の中で、世界の人々と対話・協働し、国際社会に新たな価値をつくりだす「世界人材」の育成をめざしています。本学科では言語教育のみにとどまらず、グローバル化社会において必要とされる「英語力」「国際理解」「実践力」を、Hands-On Learning (体験重視型学習)を通じて、徹底的に養成します。
専門的な知識やスキルなど「英語+α」の力を身に付け、グローバル化時代の最前線で活躍したいと思う人は、ぜひ、ここで一緒に学びましょう。

アーナンダ クマーラ先生
外国語学部長
HOME > コンセプト