入試情報

外国人留学生特別入学試験

試験日程

前期

試験日
[経営学部(前期)]
9月15日(土)
[人間学部、都市情報学部、理工学部]
11月18日(日)
出願資格確認受付期間(注1)
[経営学部(前期)]
7月17日(火)~7月27日(金)
締切日必着
[人間学部、都市情報学部、理工学部]
9月21日(金)~9月28日(金)
締切日必着
出願期間(注2)
[経営学部(前期)]
8月20日(月)~8月28日(火)
締切日消印有効[入学センター持参受付8月29日(水)のみ9:00~17:00]
[人間学部、都市情報学部、理工学部]
10月16日(火)~10月30日(火)
締切日消印有効[入学センター持参受付 10月31日(水)のみ9:00~17:00]
合格発表日
(合格通知発送日)
[経営学部(前期)]
9月15日(土)(注3)
[人間学部、都市情報学部、理工学部]
12月1日(土)
試験地
[経営学部(前期)、理工学部]
名古屋(天白キャンパス)
[人間学部、都市情報学部]
名古屋(ナゴヤドーム前キャンパス)
詳しくは「試験地を調べる」をご覧ください。

後期

試験日
[法学部、経営学部(後期)、経済学部 第2志望制、農学部、薬学部]
2月1日(金)
出願資格確認受付期間(注1)
[法学部、経営学部(後期)、経済学部、農学部、薬学部]
11月23日(金)~11月30日(金)
締切日必着
出願期間(注2)
[法学部、経営学部(後期)、経済学部、農学部、薬学部]
1月5日(土)~1月11日(金)
締切日消印有効[入学センター持参受付 1月15日(火)のみ9:00~17:00]
合格発表日
(合格通知発送日)
[法学部]
2月14日(木)
[経営学部(後期)、経済学部]
2月17日(日)
[農学部、薬学部]
2月16日(土)
試験地
[法学部、経営学部(後期)、経済学部、農学部]
名古屋(天白キャンパス)
[薬学部]
名古屋(八事キャンパス)
詳しくは「試験地を調べる」をご覧ください。
  • (注1) 出願資格確認とは提出書類を参考にし、受験希望者が本試験区分にて受験する条件を満たしているか確認するためのもので、確認料は無料です。
  • (注2) 出願資格確認通知書を受理してから、出願手続(入学検定料の払い込みが必要)を行ってください。
  • (注3) 9月15日(土)18:00以降本学ホームページにて合格発表をします。合格通知書類発送日は、9月25日(火)です。
  • ※ 第2志望制は受験する学科以外の学科を第2志望とするものです。ただし、試験結果によっては実施しない場合もあります。

出願資格

この試験は専願となりますので、試験に合格した場合、必ず入学していただくことになります。

法学部、経営学部、経済学部、人間学部、都市情報学部、理工学部、農学部、薬学部

次の1~4を満たし、出願資格の確認を得た者。

  1. 外国において日本の高等学校に相当する学校を卒業した者。
  2. 学校教育における12年の課程を修了した者、または日本国の文部科学大臣の指定した者で、18歳以上(2019年4月1日現在)の者。
  3. 出入国管理および難民認定法において、本学入学に支障のない在留資格(留学)を有する者、または得られる者。
  4. 独立行政法人日本学生支援機構が主催する「日本留学試験」を受験していること。

出願資格確認(出願資格確認を受けていない者は出願できません)

1.出願資格確認手続

出願資格確認受付期間内に、以下の書類を国際化推進センターまで郵送(封筒は任意)または直接持参してください。

必須

提出書類 注意事項
(①、③、④はWebサイトから出力し、黒のボールペンで記入してください)
本学所定用紙
①出願資格確認願書 必要事項を記入してください。 外国人 様式1
②日本留学試験 受験票のコピーまたは成績通知書のコピーを提出してください。利用対象試験が複数にわたり、出願資格確認時に利用対象試験を確定できない場合は、「受験票または成績通知書のコピー」を全て同封してください。 -
③志望理由書 志望する理由を日本語で記入してください。(200字以上) 外国人 様式2
④ 保証人(学費負担者等)届書 親族以外を保証人(学費負担者等)とする場合は、残高証明書など支弁能力を証明する書類の提出を求める場合があります。 外国人 様式3
⑤学業成績証明書 外国における高等学校(日本の高等学校に相当する学校)が直接発行するもので、コ ピーは認めません。ただし、公の機関により発行された公証書(原本)は認めます。
なお、日本語・英語以外で作成された証明書は、日本語または英語に訳したものを添付してください。
-
⑥卒業(修了)証明書または
卒業(修了)見込証明書
外国における高等学校(日本の高等学校に相当する学校)が直接発行するもので、コ ピーは認めません。ただし、公の機関により発行された公証書(原本)は認めます。
なお、日本語・英語以外で作成された証明書は、日本語または英語に訳したものを添付してください。
-
⑦住民票 出願前3か月以内に取得し、氏名、生年月日、性別、国籍、住所、在留資格・期間および番号が記入されたもの。ただし、事情に応じ、入学時まで猶予することがあります。
(注)窓口受付時に、「在留カード」の両面コピー(写し)を取ることでこれに代えることができます。
-

任意(提出していただかなくても出願資格の有無に影響はありません)

出願書類 注意事項
(a)日本の日本語学校、日本語別科、専門学校の出身者 成績証明書・出席状況に関する証明書(日本語学校、日本語別科、専門学校発行のもの)
(b)中国の高校出身者 高等学校の統一試験の合格証書の認証書(コピー)または卒業証書の認証書(コピー)
(中国教育部学位および大学院生教育発展センター〈中国教育部学位与研究生教育発展中心〉発行のもの)
日本語学校入学時に認証書を取得した場合は、その写しを提出してください。
(本学受験のために新たに認証書を取得する必要はありません)
(c)日本語能力試験を受験したことがある者(経済学部のみ) 日本語能力認定書(コピー)または、日本語能力試験認定結果および成績に関する証明書(コピー)
  • (注1) 書類提出後に不正が発覚した場合は出願資格を取り消します。
  • (注2) 受理した提出書類は返還いたしません。

2.送付・提出先

1. 送付先(郵送する場合)

国際化推進センター
・住所:〒468-8502 名古屋市天白区塩釜口一丁目501番地

2. 提出先(持参する場合)

国際化推進センター(天白キャンパス タワー75・5 階)
月曜日~金曜日(祝日を除く):9:00~17:20

出願書類

出願資格確認を得てから、出願期間内に以下の書類を入学センターに簡易書留で郵送(封筒は任意)してください。

出願書類 注意事項
(③④は黒のボールペンで記入してください)
①出願確認票 提出後の志望学部・学科の変更は認めません。
②出願資格確認通知書 出願資格確認手続きにより、出願資格を得られた方に本学から送付します。
③私費外国人留学生A奨学生願書
④授業料の一部納期延期願書
(A奨学生用)
  • (注1) 出願書類に不備がある場合は受け付けません。
  • (注2) 受理した出願書類・入学検定料は返還致しません。

送付先

入学センター

・住所:〒468-8502 名古屋市天白区塩釜口一丁目501番地

募集人員と試験

法学部(注1)

学科(募集人員) 法(若干名)
選抜方法
(出願書類と下記選抜方法で総合的に評価し、合否判定をします。)
配点 試験時間
基礎学力調査
(日本語)
日本語の基礎学力を問う筆記試験。 70 10:00~
11:00(60分)
面接 30 11:30~

経営学部(前期・後期)

学科(募集人員) 経営(若干名)、国際経営(若干名)
選抜方法
(出願書類と下記選抜方法で総合的に評価し、合否判定をします。)
配点 試験時間
基礎学力調査
(英語)
英語の基礎学力を問う筆記試験。 50 10:00~
11:00(60分)
基礎学力調査
(小論文)
課題について論述する(日本語)。 50 11:20~
12:20(60分)
面接 個人またはグループ面接。面接担当者2名と受験者1~3名程度で行う。 50 13:20~

経済学部(注1)

学科(募集人員) 経済(若干名)、産業社会(若干名)
選抜方法
(出願書類と下記選抜方法で総合的に評価し、合否判定をします。)
配点 試験時間
基礎学力調査
(英語)
英語の基礎学力を問う筆記試験。 50 10:00~
11:00(60分)
基礎学力調査
(小論文)
課題について論述する(日本語)。 50 11:20~
12:20(60分)
面接 個人またはグループ面接。面接担当者2名と受験者1~3名程度で行う。 50 13:20~
  • (注1) 経済学部では同一学部内の学科で第2志望制を採用しています。ただし、試験結果によっては実施しない場合もあります。

人間学部

学科(募集人員) 人間(若干名)
選抜方法
(出願書類と下記選抜方法で総合的に評価し、合否判定をします。)
配点 試験時間
基礎学力調査
(小論文・英語)
小論文:課題について、800字以内で論述する。漢字の読み書きについての設問もある。
英語:英文和訳と英作文(英文和訳・英作文・英文法など)
100 10:00~
11:30(90分)
面接 個人面接。面接担当者2名と受験者1名で行う。
志望動機、大学で学びたいこと、夢、将来の希望などについて問う。
50 12:00~

都市情報学部

学科(募集人員) 都市情報(若干名)
選抜方法
(出願書類と下記選抜方法で総合的に評価し、合否判定をします。)
配点 試験時間
基礎学力調査
(小論文・英語)
小論文:課題について800字以内で論述する。
英語:英語の基礎知識を問う出題。
100 10:00~
11:30(90分)
面接 個人面接。面接担当者2名と受験者1名で行う。 100 12:00~

理工学部

学科(募集人員) 数(若干名)、情報工(若干名)、電気電子工(若干名)、材料機能工(若干名)、応用化(若干名)、機械工(若干名)、交通機械工(若干名)、メカトロニクス工(若干名)、社会基盤デザイン工(若干名)、環境創造(若干名)、建築(若干名)
選抜方法
(出願書類と下記選抜方法で総合的に評価し、合否判定をします。)
配点 試験時間
基礎学力調査
(英語・数学・理科)
<数学科>
数学(数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学Ⅲ、数学A、数学B)に関し、高等学校で履修した範囲の理解度を調査する(数学B:数列・ベクトル)。
<全学科(数学科を除く)>
英語(リスニングテストを除く)、数学(数学Ⅰ、数学Ⅱ、数学A)、理科(物理基礎、化学基礎から1科目選択)に関し、高等学校で履修した範囲の理解度を調査する(マークセンス方式)。
<数学科>
基礎学力調査
小論文 100
数学・面接 150
<全学科(数学科を除く)>
基礎学力調査
小論文 50
英語・数学・理科 150
面接 50
<数学科>
基礎学力調査
数学 9:30~
10:00(30分)
小論文 10:30~
11:15(45分)
面接 12:30~
<全学科(数学科を除く)>
基礎学力調査
英語・数学・理科 9:30~
11:00(90分)
小論文 11:45~
12:30(45分)
面接 13:30~
基礎学力調査
(小論文)
<数学科>
数学に関する課題によって論理的思考力と表現力をみる。
<全学科(数学科を除く)>
学科の専門分野に応じた課題について、600字以内で論述する。思考力と判断力、表現力等をみる。
面接 個人面接。面接担当者2名と受験者1名で行う。
数学科は基礎学力調査の結果を参照し、口頭試問も行う。
応用化学科は理科に関する口頭試問も行う。

農学部

学科(募集人員) 生物資源(若干名)、応用生物化(若干名)、生物環境科(若干名)
選抜方法
(出願書類と下記選抜方法で総合的に評価し、合否判定をします。)
配点 試験時間
面接 日本語および基礎学力(英語を含む)の試問。 ABC評価 10:00~

薬学部

学科(募集人員) 薬(若干名)
選抜方法
(出願書類と下記選抜方法で総合的に評価し、合否判定をします。)
配点 試験時間
基礎学力調査
(英語・理科)
英語(必須)、化学(化学基礎・化学)(必須)、生物(生物基礎・生物)または物理(物理基礎・物理)から1科目選択の計3科目。 150 10:00~
12:00(120分)
面接 日本語の試問。 ABC評価 13:00~

日本留学試験の出題言語、利用する教科・科目および利用対象試験

学部 利用教科・科目 利用対象試験
2016年
11月
2017年
6月
2017年
11月
2018年
6月
2018年
11月
日本語と総合科目 - - -
経営
(前期)
-
経営
(後期)
-
経済 日本語と総合科目または日本語と数学(コースは自由選択) -
人間 - - -
都市情報 -
理工 日本語と理科(物理と化学の2科目とも)と数学(コース2) -
理科(物理、化学、生物のうち2科目選択) -
理科(化学は必須とし、生物もしくは物理のうちの1科目を選択した計2科目) -

学費

以下の条件を満たし、私費外国人留学生A奨学生として認められた人は、授業料の10分の3が奨学金として支給されます。

資格

  1. 在留資格が「留学」の私費外国人留学生で、経済的に就学が困難であると認められる者。

選考の要件

  1. 1か月の収入額が授業料等相当額を控除後9万円以下で、授業料等の軽減を要すると認められる者。
  2. 入学から通算して修業年限を超えない者。
  3. 2年次以上の学部生は、前年度に修得単位数が20単位以上である者。
    • (注1) 入学後、2019年6月に2018年の所得証明書(本人分)を提出してください(2019年1月1日に日本に居住していない場合は必要ありません)。
      所得証明書は〔選考の要件〕1. 『1か月の収入額が授業料等相当額を控除後9万円以下で、授業料等の軽減を要すると認められる者』に該当するかを審査する資料として使用します。所得証明書は年度毎に提出が必要です。私費外国人留学生A奨学生の選考の要件を満たしていないことが入学後に確認された場合は、後日差額分を徴収します。

学費はこちらのページを参照してください。

委託徴収金

委託徴収金はこちらのページを参照してください。