入試情報

社会人特別入学試験

この試験の試験要項・出願書類はWeb願書出力サービスをご利用ください。

試験日程

試験日
[人間学部、都市情報学部]
11月12日(日)
[法学部、経営学部、経済学部、理工学部]
2月18日(日)
出願資格確認受付期間
[人間学部、都市情報学部]
9月22日(金)~9月29日(金)
締切日必着
[法学部、経営学部、経済学部、理工学部]
11月29日(水)~12月6日(水)
締切日必着
出願期間
[人間学部、都市情報学部]
10月17日(火)~10月26日(木)
締切日消印有効[入学センター窓口受付10月27日(金)のみ9:00~17:00]
[法学部、経営学部、経済学部、理工学部]
1月15日(月)~1月25日(木)
締切日消印有効[入学センター窓口受付1月26日(金)のみ9:00~17:00]
合格発表日
(合格通知発送日)
[人間学部、都市情報学部]
12月1日(金)
[法学部、経営学部、経済学部、理工学部]
3月2日(金)
試験地
[法学部、経営学部、経済学部、理工学部]
名古屋(天白キャンパス)
[人間学部、都市情報学部]
名古屋(ナゴヤドーム前キャンパス)
詳しくは「試験地を調べる」をご覧ください。
  • (注1) 出願資格確認とは出願書類を参考にし、受験希望者が本試験区分にて受験する条件を満たしているかどうか確認するためのもので確認料は無料です。
  • (注2) 出願資格確認通知書を受理してから、出願手続(入学検定料の払い込みが必要)を行ってください。

出願資格

次の[1]①~⑧のいずれかおよび[2]各学部の出願資格のいずれかを満たし、かつ出願資格確認を得た者。

[1]

  • ① 高等学校または中等教育学校を卒業した者および2018年3月卒業見込みの者。
  • ② 通常の課程による12年の学校教育を修了した者(通常の課程以外の課程によりこれに相当する学校教育を修了した者を含む)および2018年3月修了見込みの者。
  • ③ 外国において学校教育における12年の課程を修了した者および2018年3月31日までに修了見込みの者、またはこれらに準ずる者で文部科学大臣の指定した者。
  • ④ 文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものとして認定した在外教育施設の当該課程を修了した者および2018年3月31日までに修了見込みの者。
  • ⑤ 専修学校の高等課程(修業年限が3年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者および2018年3月31日までに修了見込みの者。
  • ⑥ 文部科学大臣の指定した者。
  • ⑦ 高等学校卒業程度認定試験規則による高等学校卒業程度認定試験に合格した者および2018年3月31日までに合格見込みの者(旧規程による大学入学資格検定に合格した者を含む)。
  • ⑧ 学校教育法第90条第2項の規定により大学に入学した者であって、当該者をその後に入学させる大学において、大学における教育を受けるにふさわしい学力があると認めた者。
    • ※ 上記⑧にて出願を希望する者は、事前審査を必要としますので、出願を予定する試験の出願資格確認受付開始日の1か月前までに申請してください。
    都市情報学部:8月21日(月)
    法学部・経営学部・経済学部・人間学部・理工学部:10月27日(金)

[2]各学部の出願資格

法学部

  • ① 職歴1年以上(2018年4月1日現在)の社会人の経験を有し、働きながら修学することを勤務先から認められた者。
  • ② 職歴1年以上(2018年4月1日現在)の社会人の経験を有する者と同等の資格があると認められる自己推薦者(退職者、家事従事者、自営業者)。
  • ③ 2018年3月卒業見込みで、現に就職しているかまたは就職が内定しており、働きながら修学することを勤務先(勤務予定先)から認められ、かつ出身学校長の推薦を得た者。

経営学部、経済学部、人間学部、都市情報学部

  • ① 2018年4月1日現在20歳以上で、職歴1年以上の社会人の経験を有し、働きながら修学することを勤務先から認められた者(推薦書を提出すること)。
  • ② 2018年4月1日現在22歳以上で、職歴1年以上(2018年4月1日現在)の社会人の経験を有する者と同等の資格があると認められる自己推薦者(定年退職者、家事従事者、自営業者のみに限る)。
  • ③ 2018年3月卒業見込みで、現に就職しているかまたは就職が内定しており、出身学校長の推薦と勤務先(勤務予定先)の所属長、または責任者の推薦を受けた者。
  • ④ 上記以外で、特に学部が社会人として認めた者。

理工学部

  • ① 2018年4月1日現在、20歳以上で職歴2年以上の社会人の経験を有し、働きながら修学することを勤務先から認められた者(推薦書を提出すること)。
  • ② 2018年4月1日現在、25歳以上で職歴2年以上の社会人の経験を有する者と同等の資格があると認められる自己推薦者(退職者、自営業者など)。
  • ※ この試験は、専願です。専願とは、試験に合格した場合、必ず入学していただくことが条件となっています。

出願資格確認 (出願資格確認を受けていない者は出願できません)

1.出願資格確認手続

資格確認受付期間内に、以下の書類を入学センターに郵送(封筒は任意)してください。

法学部

出願書類 注意事項
(①~⑥はウェブサイトから出力し、黒色のボールペンで記入してください)
①志望理由書 志望理由を記入してください。
②履歴書 職歴は年月等を含め正確に記入してください。
③推薦書 <出願資格[2]-①、③> 勤務先の所属長が作成したものを提出してください。
④理由書 <出願資格[2]-①> 推薦が得られない理由を具体的に記入したものを提出してください。
⑤自己推薦書 <出願資格[2]-②> 本人が作成したものを提出してください。
⑥卒業見込者用推薦書 <出願資格[2]-③> 出身学校長が作成したものを提出してください。
⑦調査書 文部科学省指定の様式で出願前3か月以内に出身学校長が作成し、厳封されたものを提出してください。
  • a. 高等学校卒業程度認定試験合格者は、合格証書のコピーまたは合格証明書を提出してください。
  • b. 卒業後5年を経過し、調査書が発行できない者は、卒業証明書または単位修得証明書(卒業年度が明記してあるもの)を提出してください。
⑧卒業(見込)証明書 出身学校長が作成したものを提出してください。
⑨その他 職歴等を証明する書類を提出していただくことがあります
(「法人設立届書」「履歴事項全部証明書」など)。

経営学部、経済学部、人間学部、都市情報学部

出願書類 注意事項
(①~⑤はウェブサイトから出力し、黒色のボールペンで記入してください)
①志望理由書 志望理由を記入してください。
②履歴書 職歴は年月等を含め正確に記入してください。
③推薦書 <出願資格[2]-①、③> 勤務先の所属長が作成したものを提出してください。
④自己推薦書 <出願資格[2]-②、④> 本人が作成したものを提出してください。
⑤卒業見込者用推薦書 <出願資格[2]-③> 出身学校長が作成したものを提出してください。
⑥調査書 文部科学省指定の様式で出願前3か月以内に出身学校長が作成し、厳封されたものを提出してください。
  • a. 高等学校卒業程度認定試験合格者は、合格証書のコピーまたは合格証明書を提出してください。
  • b. 卒業後5年を経過し、調査書が発行できない者は、卒業証明書または単位修得証明書(卒業年度が明記してあるもの)を提出してください。
⑦卒業(見込)証明書 出身学校長が作成したものを提出してください。
⑧その他 職歴等を証明する書類を提出していただくことがあります
(「法人設立届書」「履歴事項全部証明書」など)。

理工学部

出願書類 注意事項
(①~④はウェブサイトから出力し、黒色のボールペンで記入してください)
①志望理由書 志望理由を記入してください。
②履歴書 職歴は年月等を含め正確に記入してください。
③推薦書 <出願資格[2]-①> 勤務先の所属長が作成したものを提出してください。
④自己推薦書 <出願資格[2]-②> 本人が作成したものを提出してください。
⑤調査書 文部科学省指定の様式で出願前3 か月以内に出身学校長が作成し、厳封されたものを提出してください。
  • a. 高等学校卒業程度認定試験合格者は、合格証書のコピーまたは合格証明書を提出してください。
  • b. 卒業後5年を経過し、調査書が発行できない者は、卒業証明書または単位修得証明書(卒業年度が明記してあるもの)を提出してください。
⑥卒業証明書 出身学校長が作成したものを提出してください。
⑦その他 職歴等を証明する書類を提出していただくことがあります
(「法人設立届書」「履歴事項全部証明書」など)。
  • ※ 受理した提出書類は返還いたしません。

2.送付先

入学センター

・住所:〒468-8502 名古屋市天白区塩釜口1-501

出願書類

出願資格確認を得てから、出願期間内に以下の書類を入学センターに簡易書留で郵送(封筒は任意)してください。

出願書類 注意事項
(①はウェブサイトから出力し、黒色のボールペンで記入してください)
①入学願書 出願資格確認後の志望学部、学科の変更は認めません。
②出願資格確認通知書 出願資格確認手続きにより、出願資格を得られた者に本学から送付します。
  • (注1) 出願書類に不備がある場合は受け付けません。
  • (注2) 受理した出願書類・入学検定料は返還いたしません。

募集人員と試験

法学部

学科(募集人員) 法(若干名)
選抜方法 概要 配点 試験時間
小論文 課題について800字程度で論述する。 100 10:00~
11:00(60分)
面接 - ABC評価 11:30~

経営学部

学科(募集人員) 経営(若干名)、国際経営(若干名)
選抜方法 概要 配点 試験時間
小論文 課題について800字以内で論述する。 100 10:00~
11:00(60分)
面接 - 50 11:30~

経済学部

学科(募集人員) 経済(若干名)、産業社会(若干名)
選抜方法 概要 配点 試験時間
小論文 課題について800字以内で論述する。 100 10:00~
11:00(60分)
面接 - 50 11:30~

人間学部

学科(募集人員) 人間(若干名)
選抜方法 概要 配点 試験時間
小論文 課題について800 字以内で論述する
(日本語力と英語力を問う設問)。
100 10:00~
11:00(60分)
面接 - 50 12:00~

都市情報学部

学科(募集人員) 都市情報(若干名)
選抜方法 概要 配点 試験時間
小論文 社会経験を問う内容で800 字程度で論述する。 100 10:00~
11:00(60分)
面接 - 100 11:30~

理工学部

学科(募集人員) 数(若干名)、情報工(若干名)、電気電子工(若干名)、材料機能工(若干名)、応用化(若干名)、機械工(若干名)、交通機械工(若干名)、メカトロニクス工(若干名)、社会基盤デザイン工(若干名)、環境創造(若干名)、建築(若干名)
選抜方法 概要 配点 試験時間
小論文 本人の資質・文章による表現力をみる。
課題について800 字以内で論述する。
100 10:00~
11:00(60分)
面接 個人面接(口頭試問を含む)。 ABC評価 11:30~

社会人学生奨学生制度

社会人特別入学試験による入学者に対し、授業料および実験実習費の合計額の1/2の額を奨学金として支給します。学費納付時に奨学金相当額を除いた額を納付していただきます。