交通・旅

2019/03/25

可愛い自分に旅をさせよう(大学生のうちに海外旅行をしませんか)

  • facebook
  • twitter

何かをやって時間を損するということは絶対にない。
貧乏旅をすれば、大学を二つ出たようなものだ。

作家・永倉万治

今しかできない旅がある!

海外旅行なんて将来リタイアしたぐらいの、お金も余裕もあるときに行けばいい。そんな風に思っていませんか?学生時代、私はバックパッカーとしてアジアを巡っていました。1泊日本円にして300円程度の宿に泊まりダニやノミに刺され、屋台で1食100円程度のご飯を食べる。それが楽しかった。ですが、今となってはもうあんな旅はできないなと思うのです。快適な宿に泊まり、空調設備の整ったレストランでご飯を食べたい。若いときと歳をとってからでは、旅のスタイルも目的も変わってきます。

旅に出て、何が変わるの?

日本にいるとだいたい先のことは読めます。電車やバスは時間通りに来るし、飲食店でこのメニューを頼むとこういう見た目でこんな味の料理が来て、店員はこんなセリフを言うに違いない…。ところが、海外に行くと予想もしていなかったことが起きます。電車やバスは当たり前のように遅れるし、この店の味についてはネットでいくら調べても出てきません。

もちろん、危険度も日本とは段違いなので、十分すぎるほど気を付ける必要がありますが…。

最初は予想外のことにとまどったり、腹が立ったりするでしょう。でも、いつしかそれを楽しめる余裕が出てきます。
そして同じように、予想もしなかった素敵なことも起こるのが旅です。

発見の旅とは、新しい景色を探すことではない。新しい目で見ることなのだ。

作家・マルセル・プルースト

旅をするならこれを使わねば!

まとめ

今から20年後、君は「やったこと」よりも「やらなかったかったこと」にずっと後悔することだろう。
さあ、もやいを解き放て! 安全な港から船を出せ!探検せよ、夢を抱け、発見せよ!

作家・マーク・トウェイン

お金をかけなくてもいい、特別なことをしなくてもいい。

あなたの目的地には、わくわくすること、予想もしなかったこと、感動することが待っています。海外旅行から戻ってきたときには、自分の中の何かが変わっているかもしれません。

行きたいと思った今この時に、今しかできない旅に出てみませんか?

実際に旅に出た名城大学生はこちら