社会貢献・生涯学習

出前講義テーマ一覧

法学部

法学科

職名 教員名 番号 講義テーマ
教授 伊藤 亮吉 101 国民の司法参加と裁判員制度
102 法律学を学ぶ意義 -刑法における判例と学説の争い-
鳥居 忠信 103 文学について(休止中)

お申し込みはこちら

応用実務法学科

職名 教員名 番号 講義テーマ
教授 伊川 正樹 104 いろいろな問題を法的に考えてみよう
105 法学部ってどんなところ?
准教授 北見 宏介 106 法学(部)に触れてみる
107 法学(部)の学問研究
108 法学部を経験してみる

お申し込みはこちら

経営学部

経営学科

職名 教員名 番号 講義テーマ
准教授 澤田 慎治 201 経営には必要なデザイン、社会では役立つデザイン
202 家族のマークをデザインしてみよう ~デザイン思考を少し使って~

お申し込みはこちら

国際経営学科

職名 教員名 番号 講義テーマ
教授 田中 武憲 203 グローバリゼーションと「日本的経営」

お申し込みはこちら

経済学部

経済学科

職名 教員名 番号 講義テーマ
教授 勝浦 正樹 301 経済学と統計学
鈴木 英夫 302 経済学の出発点と到達点 -現在の恐慌の裏にあるもの-
野口 光宣 303 ケインズ経済学と経済政策
准教授 斎藤 智美 304 ユーロとヨーロッパの人々の話 -欧州通貨統合とヨーロッパ社会-
谷村 光浩 305 途上国への国際協力を考える

お申し込みはこちら

産業社会学科

職名 教員名 番号 講義テーマ
教授 李 秀澈 306 エネルギーと環境
307 環境税を考える
308 生活と環境
309 地球温暖化問題を考える
山本 雄吾 310 経済政策と経済学の役割
杉本 大三 311 日本農業を考える
助教 澤田 彰博 312 日本経済の転換点 -マクロの視点から-

お申し込みはこちら

外国語学部

国際英語学科

職名 教員名 番号 講義テーマ
教授 アーナンダ・クマーラ 401 もったいないね、日本のこの現状は!若者を見て感じること
402 グローバル人材時代を考える
403 新野菜・セイロン瓜とは?
404 近くて遠い南アジア~その正体は?
405 アジア諸国の開発の過去と現状、そして将来
406 持続可能な開発目標(SDG)に関する講演(授業)
堅田 義明 407 日本近現代史
408 20世紀における日米関係史
409 20世紀アメリカ外交における孤立主義と国際主義
津村 文彦 410 タイの文化と言語
411 タイの精霊の世界
412 タイの伝統医療の世界
冨岡 徹 413 ノルディックウォーキング
414 健康増進と身体活動
西尾 由里 415 わかりやすい英語発音とはなにか
416 21世紀型小学校英語活動を考える
二神 真美 417 持続的な観光に向けた世界の取り組み:国際機関による基準・指標の開発を中心に
村田 泰美 418 気遣いの英会話
419 日本語で会話するとき、英語で会話するとき
准教授 藤原 康弘 420 コーパスから見える世界
421 これからの英語教育
マックス・プレーバー 422 Japan-as seen through the eyes of an American expat
ポール・ウィキン 423 Christmas:The Real Story
宮崎 新 424 コミュニケーション“学”とは
425 英語(で)コミュニケーション
柳沢 秀郎 426 アーネスト・ヘミングウェイと日本の接点
427 異国への貢献、異国人との協働:キューバのヘミングウェイ博物館
助教 ジェイムス・ロジャース 428 On Implementing a Smartphone App English Study Program
429 On Making Learning Anything Fun and Efficient
430 On Learning How to Speak English Naturally Through Collocations
431 On Using Psychology to Motivate Students to Learn

お申し込みはこちら

人間学部

人間学科

職名 教員名 番号 講義テーマ
教授 安藤 喜代美 501 家族とその機能
一ノ谷 清美 502 原語で読むイギリス小説
503 英国家具物語
504 イギリスの政治風刺版画を「読む」
伊藤 康児 505 恋愛の心理は難しい
506 心理学を学ぶと役に立つ?
伊藤 俊一 507 城と城下町
508 荘園の歴史
岡戸 浩子 509 異文化コミュニケーションにおける「ステレオタイプ」「偏見」「差別」について
510 グローバル化と日本人のコミュニケーション能力
笠井 尚 511 学校図書館をどうつくるか、どう使うか
神谷 俊次 512 「心とは」心の在り処や働きを考えることを通じて心理学に誘う
513 「人の心」と「動物の心」
加茂 省三 514 南の国ぐにからみたグローバル化
515 アフリカの貧困と紛争 どうすれば解決できるのか?
船田 秀佳 516 英語と中国語の対照研究
517 引き寄せの法則
水尾 衣里 518 私たちの暮らしとエネルギー
519 映像と街 ~視点をかえれば地域は宝の山~
520 風評被害はなぜ起きる ~放射線教育のあり方~
宮嶋 秀光 521 「犬」と呼ばれたギリシャの哲人たち ―哲学は常に社会・政治と不可分であった―
522 真実を描いた作文を! ―昭和前期における綴方教師たちの奮闘―
和田 実 523 対人関係を科学する
准教授 荒原 邦博 524 おいしいフランス文学
525 印象派と歩くパリ
526 世界を変える乗り物たち―ヴェルヌと旅する地球
櫻井 龍彦 527 「自分探し」の迷宮―「自己の社会学」の視点から
528 「物語」としての現実と自己―ナラティブ・アプローチへの招待
塩崎 万里 529 赤ちゃんが見る世界―視覚の発達
志村 ゆず 530 心理学
531 臨床心理学
ジョン・カール・ウエストビィ 532 The Formation of Questions
西村 善矢 533 食を通して歴史を考えるー中世ヨーロッパの場合ー
534 中世イタリアの城塞集落
畑中 美穂 535 心のはたらきを考える ~心理学への招待~
536 健康に役立つ心理学:ストレスに関する心理学的知見から
助教 加藤 昌弘 537 スコットランドから地域の自立を学ぶ ~地方分権と開かれた社会のつくりかた~
538 なぜ『スター・ウォーズ』は世界中で愛されるのか ~国際的な文化研究から~
539 インターネットが歴史を変えた ~ケータイ・スマホから眺めるグローバル化~
原田 知佳 540 ”こころ”を科学する~心理学への誘い~
541 がまんの科学 ~自己を制御するとは?~
542 発達障害の理解と対応
フィリップ・ステファン・ビーチ 543 Getting To Know You

お申し込みはこちら

都市情報学部

都市情報学科

職名 教員名 番号 講義テーマ
教授 赤木 博文 601 経済学で実験してみよう。
稲葉 千晴 602 ホロコーストと杉原千畝
宇野 隆 603 ディジタル動画像の処理とその理論
604 数理的手法による都市分析
大野 栄治 605 公共事業の評価
606 地球温暖化と海面上昇
岡林 繁 607 色と光
海道 清信 608 持続可能な都市へ -地域コミュニティを高める-
鎌田 繁則 609 21世紀の社会保障について
亀井 栄治 610 都市景観の分析・評価と景観計画
柄谷 友香 611 防災力を高めるための自助・共助・公助の役割
木下 栄蔵 612 戦略的意思決定法
小池 聡 613 地域づくりのフィールドに出よう
雑賀 憲彦 614 サービス業が未来の日本の繁栄を決める
615 組織やマネジメントがわかると社会でうまくいく
酒井 順哉 616 医療機器による医療事故をどう防ぐか
617 医療機器情報コミュニケータ(MDIC)認定制度とその役割
618 手術用鋼製器具2次元シンボダイレクトマーキング
島田 康人 619 企業経営と会計情報
杉浦 真一郎 620 介護基盤整備の地域差
張 昇平 621 水と都市生活
手嶋 正章 622 経済学と高校数学
昇 秀樹 623 地方自治の必要性
福島 茂 624 グローバル化とアジアの都市変動
625 郊外住宅地の再構築
森杉 雅史 626 都市の熱環境と緑地の効能(休止中)
山谷 克 627 デジタルテクノロジーの数学
准教授 若林 拓 628 地震防災と交通システムの危機管理
629 都市交通問題と地球温暖化防止への取組み
杉浦 伸 630 数理計画学入門
鈴木 淳生 631 身のまわりの数学~数学は世の中の役に立つか~
宮本 由紀 632 地方自治体の財政問題

お申し込みはこちら

理工学部

数学科

職名 教員名 番号 講義テーマ
教授 小澤 哲也 701 楕円
702 二重接線定理
703 数学の研究
鈴木 紀明 704 サイコロやピラミッドなどの多面体の秘密を探ろう!
705 等周問題と最短路問題
橋本 英哉 706 平面図形の不思議
707 折り紙で作る立体模型 -正多面体を折り紙で組みましょう-
准教授 加藤 芳文 708 連分数 無限回の割算
冨田 耕史 709 完全数とメルセンヌ数
710 あみだくじの数学
前野 俊昭 711 対称群と組紐群
712 有限幾何学と組合せ論
三町 祐子 713 作図問題に挑戦しよう
助教 内田 達弘 714 貧困からの脱出-ウガンダでの科学教育プロジェクトの体験から-
715 なぜ数学を学ぶのか?
村瀬 勇介 716 ゲームの必勝法を考えよう ~「必勝」になるふしぎに触れる~

お申し込みはこちら

情報工学科

職名 教員名 番号 講義テーマ
教授 田中 敏光 717 リアルタイムCGのレンダリング技術
渡邊 晃 718 コンピュータと人間のかかわり
柳田 康幸 719 情報工学と私たちの生活
山本 修身 720 工学としての数学 -いかに効率よく必要な情報を手にするか-
吉川 雅弥 721 身の回りにある暗号とその安全性
准教授 小中 英嗣 722 思い通りにモノを操る -知的制御工学-

お申し込みはこちら

電気電子工学科

職名 教員名 番号 講義テーマ
教授 児玉 哲司 723 電気電子工学と電子回路・デバイス
平松 美根男 724 電気電子工学 21世紀社会を支えるキーテクノロジー
725 役に立つプラズマ
村本 裕二 726 工学系とは?
727 電気のない生活って考えられますか?
准教授 村田 英一 728 次世代薄型テレビ
-フィールド・エミッション・ディスプレイの最新動向-

お申し込みはこちら

材料機能工学科

職名 教員名 番号 講義テーマ
教授 成塚 重弥 729 マイクロチャンネルエビタキシー(ヘテロ成長転位低減化技術)(休止中)
准教授 岩谷 素顕 730 持続的な発展社会に必要な材料工学
731 持続発展社会における材料の役割
732 社会を発展させる材料技術
733 グリーンイノベーションを創造する材料技術(LEDや太陽電池を中心に)

お申し込みはこちら

応用化学科

職名 教員名 番号 講義テーマ
教授 坂 えり子 734 物質・材料科学分野での学びから未来を切り拓く新材料の創製へ
丸山 隆浩 735 応用化学科の紹介とナノカーボンの話題

お申し込みはこちら

機械工学科

職名 教員名 番号 講義テーマ
教授 宇佐美 勝 736 機械工学科の概要と流れの数値シミュレーション
737 分子運動から求める流れのシミュレーション
738 分子運動で再現する風の流れ(気体流の分子シミュレーション)
739 流れ現象のアニメーションとプレゼンテーション
大槻 敦巳 740 機械の不思議なメカニズム
741 あっと驚く“ばね”のお話し
742 機械にも生命(いのち)がある
743 機械の振動のお話し-良い振動、悪い振動-
744 からくり人形からロボットへの道のり -カラクリ、仕掛け-
745 こんなにたわんで大丈夫なの?(棒高跳びポール、弓、釣竿などの力学)
來海 博央 746 社会に貢献する技術と技術者 -機械の役割-
久保 貴 747 流れの科学(流体工学の広がり)
准教授 大島 成通 748 やわらかい機械工学

お申し込みはこちら

交通機械工学科

職名 教員名 番号 講義テーマ
教授 相馬 仁 749 自動車の先進安全システム(運転を助ける車の話)
750 名城大学理工学部の紹介
中島 公平 751 エンジンのはなし
752 燃料電池のはなし
前川 明寛 753 航空・宇宙について
准教授 西村 尚哉 754 ものや材料の強さの調べ方 -事例紹介-
講師 早藤 英俊 755 乗り物の空気力学

お申し込みはこちら

メカトロニクス工学科

職名 教員名 番号 講義テーマ
教授 楊 剣鳴 756 メカトロニクスとは
757 ロボットの過去・現在・未来
准教授 市川 明彦 758 微細操作が拓くライフサイエンス
大原 賢一 759 ロボット向けミドルウェア-RTミドルウェアーの紹介
760 微小な細胞操作を可能にするロボティクス・メカトロニクス
761 知的な住環境を実現するロボティクス・メカトロニクス
髙畑 健二 762 メカトロニクス工学的視点から見た航空機と自動車の運動

お申し込みはこちら

社会基盤デザイン工学科

職名 教員名 番号 講義テーマ
教授 小髙 猛司 763 地盤の成り立ちと身近にせまる地盤災害
764 自然災害に備えたまちづくりに果たすこれからの土木技術者の役割
原田 守博 765 暮らしと産業を支える地下水 -健全な水循環の再生をめざして-
准教授 岩下 健太郎 766 新型化学材料による砂漠緑化~半乾燥地の砂漠化地域を対象として~
渡辺 孝一 767 生活に欠かせない橋について 「橋を設計する~造る~見守る」

お申し込みはこちら

環境創造学科

職名 教員名 番号 講義テーマ
准教授 谷口 義則 768 水辺の生き物の生活と保全
769 生物多様性を守るための研究とその方法

お申し込みはこちら

建築学科

職名 教員名 番号 講義テーマ
教授 武藤 厚 770 大空間をおおう建物の歴史から最新動向まで
771 地震と建築 -震災の歴史と教訓、そして将来-
准教授 平岩 陸 772 建築学科で学ぶ内容
吉永 美香 773 空調と省エネルギー

お申し込みはこちら

教養教育

職名 教員名 番号 講義テーマ
教授 田中 義人 774 化学的なものの見方
宮北 惠子 775 イギリス文化(英詩およびイギリス王室関連)

お申し込みはこちら

農学部

生物資源学科

職名 教員名 番号 講義テーマ
教授 磯前 秀二 801 食料自給率とは
寺田 理枝 802 イネから学ぶ遺伝子の可能性
803 知ってびっくりイネの裏技
森上 敦 804 ヒトは植物を作りかえて来た
山岸 健三 805 昆虫の不思議
806 農耕が昆虫を害虫に変えた?
807 里山の生物多様性を考える
津呂 正人 808 組織培養を用いた植物の大量増殖と遺伝子組換え
809 分子マーカーを用いた野菜・花卉の品質改良
平野 達也 810 「食」だけではない,私たちの生活全般を支える作物のはなし
准教授 平児 慎太郎 811 “食料自給率”を科学する

お申し込みはこちら

応用生物化学科

職名 教員名 番号 講義テーマ
教授 氏田 稔 812 血液型占いは当たるのか?
813 食品バイオテクノロジー
814 食物アレルギーと花粉症
815 名古屋と味噌
816 美白化粧品の秘密
小原 章裕 817 食べ物でガンは予防できるか?
818 食べ物よもやま話 -健全な食生活の構築をめざして-
819 サプリメントの功罪
加藤 雅士 820 発酵を科学する:発酵は現代の錬金術
松儀 真人 821 有機化学おもしろいよ!
林 利哉 822 お肉はもともと筋肉だった!?
823 カラダに効く食肉
824 ソーセージやチーズの科学
825 家庭科では習わないお肉の魅力
826 乳酸菌の力を借りてソーセージのおいしさと機能性(体によい効果)を改善する
准教授 奥村 裕紀 827 生命現象の主役 "タンパク質"
前林 正弘 828 生体を形作る物質 -高分子ハイドロゲル-
湊 健一郎 829 キノコと健康
830 食卓の上から健康を考える
助教 志水 元亨 831 カビときのこの不思議

お申し込みはこちら

生物環境科学科

職名 教員名 番号 講義テーマ
教授 礒井 俊行 832 農業と環境
汪 光熙 833 除草剤抵抗性水田雑草の発生および分布拡大様式
834 絶滅危惧植物ミズアオイの花の秘密
田村 廣人 835 高校の化学の知識で理解する地球温暖化
836 農学部では何を学ぶか/宇宙から診(み)た地球 -農学部の視点から-
日野 輝明 837 里山が失われると野生動物はどうなるのか?
船隈 透 838 生命環境を支える植物の多彩な機能-光合成を中心として-
839 模擬授業(光合成)と農学部の紹介
丸山 宏 840 近代の造園史・公園史
841 都市の緑
842 都市林
新妻 靖章 843 海洋環境の変動と海鳥の応答
844 生物多様性について
大浦 健 845 身の回りの化学物質汚染
准教授 細田 晃文 846 エネルギー問題を解決する農学と環境微生物学(休止中)
村野 宏達 847 土の大切さ
848 土壌を抜きに環境問題を語れるのか?
橋本 啓史 849 都市の生物多様性
850 琵琶湖の湖岸環境と水鳥

お申し込みはこちら

附属農場

職名 教員名 番号 講義テーマ
准教授 中尾 義則 851 家庭での果樹の育て方
林 義明 852 意外と身近!日本の畜産 -家畜の役割と課題-
853 家畜の一生と畜産現場での食の安全性確保 -乳・肉・卵ができるまで-
854 動物資源としての水牛の役割 -牛とは異なる水牛の実態-
森田 隆史 855 蔬菜園芸学と蔬菜栽培

お申し込みはこちら

薬学部

薬学科

職名 教員名 番号 講義テーマ
教授 梅田 孝 901 スポーツ活動と健康、コンディショニング
902 生活習慣病の予防策としての運動習慣の役割
二改 俊章 903 細菌性食中毒の正しい知識 -予防と治療-
904 在宅介護における感染予防
905 食物アレルギーの対応と細菌性食中毒予防の正しい知識
906 ヘビ毒・細菌毒・植物毒の知識
丹羽 敏幸 907 高校生のための薬学への招待
能勢 充彦 908 漢方医学の基礎および現代医学への応用
長谷川 洋一 909 薬剤師の仕事・・・What's the pharmacist?
原 脩 910 医薬品の開発と薬剤師の役割
原田 健一 911 薬学部で何を学ぶか -薬剤師をめざして-
平松 正行 912 アルツハイマー病と記憶について
913 身近なくすりに興味を持とう -薬の作用と副作用-
914 薬学からみた薬物乱用 (高校生・一般の方対象)
湯川 和典 915 ミクログリア細胞と脳の病気
飯田 耕太郎 916 ヨーロッパにおける薬局と薬剤師の役割と活動
-スイス・ドイツを中心として-
917 薬学の歴史にふれて見よう -スイス薬学歴史博物館-
田口 忠緒 918 放射線って何だろう?
大津 史子 919 くすりとの正しいつきあい方(慢性疾患偏)
920 くすりとの正しいつきあい方(薬局で買える薬)
921 正しい健康情報とのつきあい方 -サプリメントを中心に-
922 薬剤師ってどんな仕事?
923 薬剤師を目指すみなさんへ
野田 幸裕
(助教:吉見 陽)
924 児童・高齢者を対象としたくすりの正しい飲み方:くすりと安全に安心して付き合う
925 児童などを対象として身近な乱用・依存性薬物:薬の適正使用・薬物乱用防止
准教授 打矢 惠一 926 細菌やウイルスによる身近で厄介な感染症
927 外敵から身を守るしくみ
川村 智子 928 身近な薬草・ハーブ・漢方薬について
栗本 英治 929 タンパク質のかたちと薬学への応用
黒野 俊介 930 ヒトとくすりの良い関係 -顔の見える薬剤師-
小島 良二 931 薬と遺伝子
小森 由美子 932 ヒトの健康と微生物
933 身のまわりの毒
934 予防接種で感染予防
-新しく認可された小児用ワクチン、子宮頚がんワクチンについて-
髙谷 芳明 935 からだにいいものをおいしく食べる化学
936 身のまわりの化学 -こんなに使える化学の知識-
937 身のまわりの天然資源に薬の素をさがそう
938 薬学部で拡げよう 君の未来
武田 直仁 939 くすりを適正に使用するために
豊田 行康 940 薬学で学ぶこと、私たちの生活と薬のかかわりについて
941 薬学で学ぶこと、生活習慣病とその予防について
村田 富保 942 「薬学」を通した社会貢献
半谷 眞七子 943 病気のことをお医者さんや薬剤師さんに相談できますか?
944 街の薬局の薬剤師を体験してみよう!
間宮 隆吉 945 認知症あれこれ ~症状・対策・治療~(一般対象)
946 大(?)科学実験でくすりのヒミツにせまる!(小学4~6年生対象)
947 薬剤師になりたい人へ ~薬学部ってどんなとこ?こんなとこ~(中学生・高校生対 象)

お申し込みはこちら

アイソトープ実験施設

職名 教員名 番号 講義テーマ
教務技師 髙橋 郁子 948 放射能・放射線の基礎(講義と実習)
949 放射能・放射線の基礎(講義のみ)

お申し込みはこちら

法務研究科(法科大学院)

法務専攻

職名 教員名 番号 講義テーマ
教授 梅津 和宏 001 民事紛争と訴訟
002 裁判制度について
吉野 彩子 003 弁護士になるには?弁護士の仕事とは?
庄村 勇人 004 自治体行政改革の動向
准教授 河北 洋介 005 セクシュアル・マイノリティと憲法
006 被疑者・被告人の権利と憲法

お申し込みはこちら

センター等

教職センター

職名 教員名 番号 講義テーマ
准教授 竹内 英人 007 算数・数学の面白さ
008 親子さんすう・数学教室
009 大学の教職分野について
谷口 正明 010 放射線について学ぼう
011 万華鏡をつくろう~鏡のふしぎに親子でふれる~

お申し込みはこちら

学部事務室

職名 教員名 番号 講義テーマ
主幹 平井 英司 012 環境問題:熱帯林の破壊について
主幹 佐藤 修 013 おんな城主 井伊直虎
014 大谷吉継 我六道を懼れず

お申し込みはこちら

天白キャンパス

天白キャンパス

〒468-8502
名古屋市天白区塩釜口
一丁目501番地
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

八事キャンパス

八事キャンパス

〒468-8503
名古屋市天白区八事山
150番地
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

ナゴヤドーム前キャンパス

ナゴヤドーム前キャンパス

〒461-8534
名古屋市東区矢田南
四丁目102番9
TEL:052-832-1151(代)

公式サイト

科学技術創生館

科学技術創生館

〒468-8502
名古屋市天白区塩釜口
二丁目1522番地
TEL:052-832-1151(代)

交通アクセス

春日井(鷹来)キャンパス附属農場

春日井(鷹来)キャンパス附属農場

〒486-0804
春日井市鷹来町字菱ケ池
4311番2
TEL:0568-81-2169

交通アクセス

日進総合グラウンド

日進総合グラウンド

〒470-0102
日進市藤島町長塚75番地
TEL:0561-73-0810

交通アクセス

附属高等学校

附属高等学校

〒453-0031
名古屋市中村区新富町
一丁目3番16
TEL:052-481-7436(代)

公式サイト

| 統合ポータルサイト |  プライバシーポリシー |  サイトポリシー |  サイトマップ |

Copyright © 2013. Meijo University, All Rights Reserved.