GLOBAL COMMUNICATOR

5つのHands-On Learningを通じて3つの力を身に付けて世界人材へ

Hands-On Learning(体験重視型学習)を通じて、
グローバル社会に求められる英語力、国際理解、実践力の3つを養成

グローバル社会では、ツールとしての語学力だけでなく、社会を構成する多様な価値観を理解し、文化の異なる人々と対話を通じて関係を構築する力が強く求められています。
外国語学部国際英語学科では、英語が溢れる学習環境や留学をはじめとするHands-On Learning(体験重視型学習)を通じて、実社会で必要とされる「英語力」、世界や日本の多様な価値観を知る「国際理解」、社会や世界で活躍するための「実践力」などを養成。
自らの言葉で世界と対話・協働し、新たな価値をつくりだすGlobal Communicator【世界人材】を育成します。

Hands-On Learningに
ついて
  1. 1

    世界と対話する英語力

    英語で考え、英語で伝えることで「英語力」を身に付ける。

    グローバル社会では、文化や生活習慣の異なる人々にも自分の考えを論理的に言葉で伝える力が必要です。Core English Programでは、Task(課題)に対してAll Englishで情報収集や議論を行うTask Based Learning を採用。「英語で考え」「英語で伝える」ことを繰り返し、「英語による発信力」を磨きます。「聞く・話す・読む・書く」のスキルに加え、ディスカッション能力やプレゼンテーション能力も鍛えます。

    All English
  2. 2

    国際理解[Culture/Society/People]

    世界を知り、日本を知ることで「国際理解」を深める。

    世界の多様な価値観について理解を深めるために、英語圏やアジアの国々の歴史・文化・社会などを学びます。また、グローバル社会において世界を理解するためには、まず日本を知ることが必要です。そこで、日本についても歴史から政治・経済に至るまで体系的に学びます。世界と日本の相互比較を通じ国際理解を一層深め、さらに世界に向けて日本を発信する力を身に付けます。

    ピックアップ科目について
  3. 3

    世界と協働する実践力

    希望者は全員、海外留学を経験し「実践力」を身に付ける。

    学部独自のセメスター留学や国際フィールドワークなどを通じ、原則全員が海外を経験。文化の異なる相手との対話や協働を経験し、実践的なコミュニケーション能力を身に付けます。日本では「共に働く力」や「実践力」を身に付けるため、1年次からグループで企業の課題に取り組み、2年次からは地域・社会と連携したフィールドワーク等を体験。課題設定、情報収集、分析、立案、プレゼンテーション能力を養います。

    希望者全員留学

Message

学部長メッセージ

世界で活躍できるGlobal Communicatorへ。

二神学部長

2020年は新型コロナウイルス感染症の発生により私たちの生活や意識に大きな変化を引き起こした一年となり、これから2021年以降の世界においてもパンデミックの余波はしばらく続くと考えられています。その過程において、私たちは多くの対応を迫られ、結果として今まで予想もできなかった速度で新たな方法や取り組みを実行に移すことができました。
もっとも顕著な変化の一つがデジタル化の加速で、実際の移動が制限される一方、オンライン上での海外との結びつきは、より広範囲に、より頻繁に行われることが可能となりました。大学の学びにおいても、対面授業と遠隔授業を並行して行うノウハウが蓄積されつつあります。名城大学外国語学部では、以前から学内のオンラインシステムWebClassを活用した学習を実践してきましたが、そのノウハウを今後さらに語学力の強化および異文化・自文化の学びに活かし、コロナ禍がもたらした変化にも対応できるような強靭な学びの基盤を築いていきたいと思っております。
世界では今、2030年までの地球規模のアジェンダを達成するため、これからの10年は今まで以上に地球に生きる私たち一人一人が、イノベーション、創造性、デジタル技術を駆使し課題に挑戦することが求められています。中でも、社会的文化的背景やジェンダー等の多様性を積極的に受け入れ、より包摂的な社会へと変えていくことが喫緊の課題となっています。外国語学部での学びも、そうした現代的課題に対して、世界の大学生と協働して解決できる能力を身につけるような国際共修のモデルとなることを目指していきます。