キャリアデザイン

夢の実現に向けた1年次からのキャリアデザイン

外国語学部では留学や国内外フィールドワークなどをはじめとする体験(実践)を重視した学びを通じて、グローバルな活躍も視野に入れた、社会から求められる実践力(社会人基礎力)を磨きます。
カリキュラムには1年次より企業や社会の課題に取り組む授業などが組み込まれ、キャリア形成に向けて自ら「考え、行動する」意識づけを図ります。

外国語学部では留学や国内外フィールドワークなどをはじめとする体験(実践)を重視した学びを通じて、グローバルな活躍も視野に入れた、社会から求められる実践力(社会人基礎力)を磨きます。

  • 社会から求められる実践力(社会人基礎力)
    前に踏み出す力(一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力)
    主体性・働きかけ力・実行力
    考え抜く力(疑問を持ち考え抜く力)
    課題発見力・計画力・創造力
    チームで働く力(多様な人々と共に目標に向けて協力する力)
    発信力・柔軟性・状況把握力・ストレスコントロール力・傾聴力・規律力
  • 企業の課題に取り組む基礎演習Ⅰ

    1年次前期の基礎演習Ⅰでは、企業などと連携し、課題解決に取り組みます。
    実際に企業が抱える課題に対して、その原因や問題点を調査・分析し、解決策をチームで立案します。最終的には、チームで立案した解決策を、企業の方に対してプレゼンテーションし、評価を受けます。大学という枠を飛び超え、企業が現実に抱える課題に1年次に取り組むことにより、実践的なビジネスプロセスを体験するとともに、キャリアへの意識付けと4年間の学びに対する意識付けを図ります。

    社会で必要な力と自分の力との「ギャップ」を知り、そのギャップを埋める為に4年間をどのように過ごすべきか考えます。
  • 視野を広げる

    1年次後期に開講される「日本とグローバル人材」では、企業や各種事業所などでグローバルに活躍する人材をゲストスピーカーとして招き、現実的にグローバル化が世界・日本でどのように進展しているかについて学びます。「グローバル人材」の実際のモデルケースから学ぶことにより、国際的な視野を広げ、実社会で活躍するための意識・意欲を醸成します。

HOME > 就職・資格取得 > キャリアデザイン