入試を知る

入試制度

新型コロナウイルス感染症などの影響で入学試験(学部・大学院)に変更がある可能性があります。
入試情報を確認する際は、以下の「入試(学部・大学院)の変更点に関する情報はこちら」も必ずご確認ください。

一般選抜

総合型選抜

入試方式 学部
経営 経済 外国語 人間 都市情報 理工
英語ディスカッション                
スポーツ入試
チアリーダー入試                

学校推薦型選抜・特別入試

入試方式 学部
経営 経済 外国語 人間 都市情報 理工
公募制推薦
専門高校等特別            
簿記・会計特別                
英語資格取得者特別                
帰国子女・海外留学経験者              
外国人留学生特別  
社会人特別      

その他の入試

入試方式 学部
経営 経済 外国語 人間 都市情報 理工
編入学    
社会人編入学                
総合数理プログラム入学(飛び入学)                

  • 3教科型A方式

    募集人員が最も多い本学のメイン入試。
    試験日を複数日用意。
    試験日が重ならない学部・学科は、すべて併願可能。(1日程1学部1学科受験可能。)
    経営学部・経済学部は、第2志望制度有。

    POINT

    ■これが名城大学のメイン入試!!
    募集人員が最も多い!受験生からの圧倒的支持率!
    ■本学最大スケールの全国17会場(本学含む)で試験を実施
    札幌~那覇までの全国各地で実施。地元で安心して受験ができます。
    ■共通テストプラス型 F方式との同時併願でチャンス拡大
    共通テストプラス型 F方式との併願が可能。
    理工、農学部は3教科型 A方式と共通テストプラス型 F方式で別学科を出願可能!

    ここもチェック!!

    経営、経済学部では、「第2志望制度」を活用して合格の可能性を広げよう!

  • 2教科型B方式

    得意科目2教科で受験可能。
    (薬学部は3科目選択)
    経営学部・経済学部は、第2志望制度有。

    POINT

    ■得意科目を生かして勝負!!
    2教科型の試験なので、得意科目の占める割合が高い。得意科目を十分に生かせる入試です。
    ■ライバルが少ない「個別学力試験」のラストチャンス
    すでに実施された入学試験の合格発表後に試験が行われるため、ライバルが少なく、合格の可能性がより一層高まります。

    ここもチェック!!

    経営、経済学部では、「第2志望制度」を活用して合格の可能性を広げよう!
    試験時間は2科目を120分で解答できるので、じっくり問題に取り組もう!
    全国の主要都市10会場(本学含む)で実施。地元で安心して受験できます。

  • 共通テスト利用型C方式

    大学入学共通テストの結果のみを利用。個別学力試験がないため、出願のみで合否判定。
    複数の学部・学科に同時併願可能。
    前期日程・後期日程を用意。

    POINT

    ■出願のみで受験できる!!
    大学入学共通テストの得点を利用するので、個別学力試験は実施しません。
    ■受験生に有利な科目を採用
    本学では、複数の教科・科目を受験した場合、第1解答科目ではなく、最も得点の高かった科目を合否判定に採用。
    ■同時併願で合格のチャンスが広がる!!
    各学部が指定する教科・科目を共通テストで受験すれば、最大9学部23学科への同時出願が可能。

    ここもチェック!!

    経営・経済・外国語・人間・都市情報学部の前期日程では3教科型と5教科型も同時併願ができる。
    共通テスト利用型 C方式(後期)は本学で最も遅くまで出願できる入試方式。ここがラストチャンス!

  • 共通テストプラス型F方式

    「A方式」と「大学入学共通テスト」の結果を利用して合否判定。
    試験日を複数日用意。試験日が重ならない学部・学科は、すべて併願可能。
    (1日程1学部1学科受験可能。)

    〈経営・経済〉
    3教科型A方式1回の受験で経営・経済学部の4学科に同時併願可能。

    POINT

    ■3教科型 A方式との併願がポイント
    全体の合格者の約70%が、A方式またはF方式で合格!
    全体の合格者数の約40%を占めるA方式と2番目に多い合格者を出すF方式。
    2つを合わせると全体の合格者の約70%に!A・F方式併願の場合、A方式の結果をF方式に利用できるので、1回の受験で2回の判定が受けられ、負担を軽減!
    ■得意科目を十分に生かせる

    「文系だけど英語は苦手、日本史には自信あり」、「理系で生物は大得意」など、全教科を得意とする受験生は少数派。得意科目を持っている受験生にはぴったりの入試方式。

      大学入学共通テスト A方式 合計
    法学部
    日本史が得意なA君
    国語55点+英語55点+日本史80点=190点 日本史80点×2倍=160点 350点
    農学部
    生物が得意なB君
    生物85点+英語70点+数学75点=230点 生物80点×2倍=160点 390点

    A方式の高得点1科目を判定に採用。→実際の試験では、最大3教科の受験が可能。
    突出した得意教科がなくても、3教科受けることで、その日一番出来の良かった教科で勝負ができる!

      大学入学共通テスト A方式
    3教科とも受験
    合計
    人間学部
    Cさん
    国語80点+英語65点+日本史70点=215点 国語55点…判定に採用せず
    英語80点…判定に採用!!×2倍
    日本史55点…判定に採用せず
    215点+80点×2倍=375点
    ■失敗を挽回できる安心感
    大学入学共通テストは現役生にとって初めての本格入試。普段通りの力が出せない場合も。 共通テストプラス型 F方式では、「A 方式」と「大学入学共通テスト」の結果を利用するので、失敗を挽回できる!!
  • 全問マークセンス型M方式

    理工学部のみ実施。
    解答形式はすべてマークセンス型。

    POINT

    ■受験しやすい2月6日を試験日に設定
    3教科型 A方式と日程も離れており、余裕をもって受験できます。
    他大学との受験日も重なりにくい日程!
    ■全問マークセンスの解答形式

    ここもチェック!!

    本学以外の地方会場は「浜松」と「三重」で受験可能。
    マークセンス形式のみで受験できるのは理工学部のみ。

  • 公募制推薦

    POINT

    ■出願条件に学習成績の状況(評定平均値)基準なし
    学習成績の状況(評定平均値)などの出願基準はありません(薬学部のみ:現役生かつ「全体の学習成績の状況(評定平均値)」が3.5以上)
    ■合否のカギは筆記試験!!
    面接も大切だが、各学部が実施する「基礎学力調査」が合否を左右する。過去問をチェックして対策を立てよう!
    ■推薦でも併願OK!!
    法、外国語、理工、農学部は併願が可能です。合格を勝ち取れれば、一般選抜への備えにもなります。

    お得な第2志望制度(経済学部のみ)

    同一学部内で一方の学科で不合格となっても、もう一方の学科で再度合否判定が行われます。追加の検定料は不要でお得な制度です。ただし、試験結果によっては実施しない場合もあります。

  • 専門高校等特別

  • 簿記・会計特別入学試験(経営学部のみで実施)

  • チアリーダー推薦入学試験(経営学部のみで実施)

  • 英語資格取得者特別入学試験

  • 外国人留学生特別入学試験

  • 帰国子女・海外留学経験者特別入学試験(経営学部のみで実施)

  • 総合数理プログラム入学試験(飛び入学試験)

  • 社会人特別入学試験

  • スポーツ推薦

  • 編入学試験

  • 社会人編入学試験(法学部のみで実施)