経済学部/経済学科経済学科

世界の経済社会を見つめ、
未来を描き出す力を育てる。

経済学の基本原理を学ぶ理論経済部門をベースに、複雑化する現代社会の諸問題を理解し、解決策を描き出せる実践力を身に付けます。理論・歴史・政策の研究過程を通じて、経済・社会を深く分析できる人材を育てます。

学科の特徴

01POINT

世界とつながる経済学部

交換留学や、アメリカ・イギリスなどで展開する「国際フィールドワーク」など、経済学部での教育や研究は世界とつながっています。さらに、海外での業務経験を持つ教員が指導にあたっています。

02POINT

徹底した少人数教育

コミュニケーション能力の向上を目的に、1年次からゼミナールを設置。学生主体で運営されるゼミナールで、討論やレポート作成を重ね、社会人に必要な資質を身に付けていきます。

カリキュラム

「専門基礎」「ゼミナール」「フィールドワーク・実習」「理論経済」の各部門に加えて、「歴史・政策・金融」部門を設置。あらゆる視点から経済現象とその本質をつかみます。

PICK UP

国際フィールドワーク

世界の文化や歴史、政治・経済などの理解を深めたのち、実際に現地へ行って体験します。

マクロ経済学

経済全体の動きや変化を理解するため、経済の様々な要因について議論を重ねます。

経済データ分析

実際の経済データをパソコンで扱いながら、それらをいかに分析するかを実践的に学びます。

人材養成目的

人材養成目的その他教育研究上の目的

経済学科は、理論・歴史・政策の研究過程を通じて、経済・社会を深く分析できる自立した人間を養成します。

就職に強い名城大学

就職先について

経済学の多様な知識を生かして、卸売・小売業や金融業、サービス業など多彩な分野で活躍しています。世界の経済を見通すグローバルな視野を身に付けることで、海外へ展開する大企業へ就職した実績もあります。

就職率

99.4%

(2017年3月卒業者)

在学中に受験できる資格をはじめ、卒業とともに取得できる免許・資格があります。

取得できる免許・資格

FEATURE

  • FEATURE3
  • FEATURE2
  • FEATURE1