学部・大学院法学研究科

伝統的分野から応用的・先端的分野まで、国際化した現代社会に通用する高度な専門知識を修得

海外との知的交流を進め、幅広く高度な専門知識を修得

本研究科ではセメスター制度を採用し、大学院生の多様な研究目的に対応できる、幅広く高度な専門知識を修得可能な授業科目を配置しています。また修士課程1年生から指導教員を決定し、研究上のきめ細かい指導が行えるような体制を整えています。さらにハワイ大学ロースクールや中国の清華大学、韓国の高麗大学等との間に学術交流協定を締結し、定期的に研究者を招聘しています。なお、この地区の愛知学院大学・中京大学・名古屋経済大学の各大学院法学研究科とは単位互換協定を締結しています。また、言葉のハンディを克服して博士後期課程をめざす外国人留学生も多く、日本人学生に大きな刺激を与えています。

研究科の特徴

幅広く高度な専門知識を習得できる体制と環境

本研究科では、セメスター制度を採用し、学生の研究目的に応じた授業科目を配置することによって、幅広く高度な専門知識を修得できるよう、カリキュラム上の配慮を行っています。また修士課程1年生から指導教員を決定し、研究上のきめ細かい指導が行えるような体制を整えています。さらにハワイ大学ロースクールや中国の清華大学、韓国高麗大学等との間に学術交流協定を締結し、定期的に研究者を招聘しています。なお、この地区の愛知学院大学・中京大学・名古屋経済大学の各大学院法学研究科とは単位互換協定を締結することによって、大学院生の学習、研究上の便宜を図っています。

TOPICS

健闘する留学生

最近は留学生の進学者が増加しており、言葉のハンディを克服して博士後期課程をめざす学生も多くいます。日本人学生に大きな刺激を与えるとともに知的交流がいっそう進むことを期待しています。

行政書士会との交流

本研究科は日本行政書士会との交流を進めており、その一環として多くの科目等履修生を受け入れています。

人材養成目的

人材養成目的その他教育研究上の目的

法学研究科は、変動する国内外の法的・政治的分野およびその交錯する分野に関して、規範と実践の両面から研究または実務を行う人材の養成を目的としています。

NEWS

MORE

EVENT

MORE

FEATURE

  • FEATURE3
  • FEATURE2
  • FEATURE1