学部・大学院経営学研究科

グローバルな視野を持つ、国際社会のリーダーシップを養成する

経営のグローバル化に対応する2つのコースを設置

本研究科では、「経営学・ものづくりシステムコース」、「会計学・ファイナンスコース」の2コース制を導入し、企業経営のグローバル化に対応しうる高度専門職業人の育成をめざしています。「ものづくり」関連科目においては、わが国製造業の第一線企業の実務家等を講師に招き、産学協同、文理融合型の特色ある実践的教育・研究を進めています。社会人学生は、職場に根ざした問題の解決策をまとめ、高い評価を得ています。また、「会計学・ファイナンスコース」を修了した学生は、税理士、会計士の道に進み「名城大学会計人会」のネットワークで連携しています。

研究科の特徴

経営学研究科の教育目標

経営学研究科は、自己を革新し社会に貢献できる人材の育成を教育の使命と考えます。この使命を果たすため、すぐれた実践性の高い経営学分野において、実践的能力の養成に加えて、歴史と理論のフィルターを通して物事を見ることの重要性と、研究課題の社会的意義を問いかけることの大切さを教授します。

人材養成目的

人材養成目的その他教育研究上の目的

経営学研究科は、21世紀のグローバル化社会における営利・非営利組織体の運営に係る実践的理論を追求し、問題解決能力を有する研究職・専門職人材及び高度専門職人材の養成を目的としています。

NEWS

EVENT

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ