学部・大学院研究科長メッセージ

MESSAGE

近藤 敦

いま世界は、大きな変動期を迎えています。従来の見方や考え方では、解決の困難な問題が次々と生じています。新たな解決の道を切り拓いていく柔軟な知性が求められています。高度な専門性を身につけ、こうした問題を解決する意欲と能力をもった人材を養成することが、大学院の使命です。

名城大学大学院の法学研究科で学んでいるのは、大学における研究者を志す人、税理士や司法書士の専門職に就こうとする人、公務員になろうとする人など、各人の目標はさまざまです。2017年には修了生が大使に就任されました。

研究者を志す院生に期待されるのは、内外の文献を渉猟し、既存の裁判例や学説に関する理解を前提としつつ、新たな問題提起を行うことのできる能力を身に付けることです。これまで何人もの大学教員を輩出し、研究者として自立できるだけの能力を身につけてもらえるような教育を、法学研究科では行っています。

また、税理士をめざす院生は、税法に関する専門的な知識と理解を身につけ、この地域で活躍しています。民法・商法や憲法・行政法に関する高度な専門性を身につけ、司法書士や公務員となって、社会に貢献している人もいます。さらに、多様な教育経験や実務経験を経た、いわゆる社会人の院生に対する教育実績も少なくありません。

法学研究科は、学問に真摯に向き合う情熱をもった人を求めています。充実した研究環境が、名城大学大学院法学研究科にはあります。

研究科長 近藤 敦

FEATURE

  • FEATURE3
  • FEATURE2
  • FEATURE1