経済学部/産業社会学科産業社会学科

経済理論と実行力を結合し、
地域や産業に活力を届ける。

現代社会を支える産業経済の仕組みや見方、最先端の動きを学び、経済学的視点で未来の産業社会・地域社会のあり方を考察。専門性の高い知識と、フィールドワーク等で培った構想力や実行力を結合し、現代社会に活力を与えられる人材を育成します。

学科の特徴

01POINT

世界とつながる経済学部

交換留学や、アメリカ・イギリスなどで展開する「国際フィールドワーク」など、経済学部での教育や研究は世界とつながっています。さらに、海外での業務経験を持つ教員が指導にあたっています。

02POINT

徹底した少人数教育

コミュニケーション能力の向上を目的に、1年次からゼミナールを設置。学生主体で運営されるゼミナールで、討論やレポート作成を重ね、社会人に必要な資質を身に付けていきます。

カリキュラム

「専門基礎」「ゼミナール」「フィールドワーク・実習」「理論経済」の各部門に加えて、「現代社会」部門を設置。経済学を実社会に生かすための、高い専門知識が修得できるカリキュラム編成です。

PICK UP

現代資本主義論

格差や貧困、過重な労働など世界的な問題を、現代資本主義の構造との関連で捉えます。

社会フィールドワーク

企業活動の調査や産業遺産を取材等から、経済の現実をとらえ、経済理論を検証します。

交通論

近代経済学の理論を用いて、交通政策の根拠と課題、交通サービスの特殊性などを学びます。

人材養成目的

人材養成目的その他教育研究上の目的

産業社会学科は、体験型・実践型の科目を豊富に含む経済学研究の過程を通じて、現代社会に活力を与えられる自立した人間を養成します。

就職に強い名城大学

就職先について

経済学の多様な知識と、フィールドワークをはじめとした実践型科目で培った構想力や実行力、資格を武器に、様々な企業へ就職しています。卸売・小売業や金融業、サービス業など、多彩な分野でリーダーシップを発揮しています。

就職率

100%

(2017年3月卒業者)

在学中に受験できる資格をはじめ、卒業とともに取得できる免許・資格があります。

取得できる免許・資格

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ