大学概要 【2019年度実施分】建築施工管理実習の推進

理工学部建築学科

No.9

実施責任者岡田 恭明

 建築施工管理実習を今年度も引き続き行う。
 建築工事における安全管理、作業手順等についての基本的な技術・技能を修得するため、実大の建物を対象とした施工の実務研修を行う。建設会社の研修も行っている富士教育訓練センターで大学向けのカリキュラムを作成し研修を行う。実際に建物を作る作業を班で協力して行うことで、実践力、コミュニケーション力を養う。また、実物と参照することで、2次元の図面と3次元の立体の関係を把握する空間把握能力を養う。

実習の中止

2020/03/27

 2020/3/9-13に富士教育訓練センターにおいて、建築施工管理実習の実施を行う予定であったが、新型コロナウイルス拡散防止対策のため、実施を中止した。
 実習内容は、表のとおり鉄筋組立実習、型枠実習、木造実習(仮設となる足場組立を含む)を予定していた。

ACTIVITY

建築学会主催の学生研修の見学・打合せ

2019/12/05

 8/26~30に行われている建築系大学夏期研修(建築施工管理実習)の見学を行った。(滞在は29-30)
 この研修には、ものつくり大学、東洋大学、立命館大学、名城大学が参加しており、その様子を見学するとともに、名城大学が単独で行う実習について、富士教育訓練センターの方と相談、打合せを行った。

  • 木造工事の実習風景 木造工事の実習風景
  • 鉄筋工事の実習風景 鉄筋工事の実習風景

参加学生の募集

2019/12/05

 建築施工管理実習の日程が2020/3/9-13と決まり、内容も固まったため、別紙に示すような案内を、11月から12月にかけて行った。実習に関連する講義である寺西教員担当の1年生の「建築材料概論」と平岩教員担当の2年生の「建築工法」の各講義において学生に説明を行った。

実習の中止

2020/03/27

 2020/3/9-13に富士教育訓練センターにおいて、建築施工管理実習の実施を行う予定であったが、新型コロナウイルス拡散防止対策のため、実施を中止した。
 実習内容は、表のとおり鉄筋組立実習、型枠実習、木造実習(仮設となる足場組立を含む)を予定していた。

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ