外国語学部/国際英語学科国際英語学科

グローバル社会に新たな
価値を創る"世界人材"を育成。

英語が溢れる学習環境や、留学をはじめとするHands-On-Learning(体験重視型学習)で英語力を養成。世界の多様な価値観を知る国際理解、社会や世界で活躍する実践力を身に付けることで、グローバル社会に求められる"世界人材"を育成します。

学科の特徴

01POINT

世界と協働する「実践力」を育成

学部独自のセメスター留学や国際フィールドワークを通じ、原則希望者全員が海外留学を経験します。世界の人々との対話・協働により、実践的なコミュニケーション能力を養います。

02POINT

世界と日本を知り「国際理解」を深める

諸外国と日本の歴史や文化、社会について深く学ぶことで、世界の多様な価値観について理解します。また、相互比較を通じて国際理解を深め、世界に向けて日本を発信する力を身に付けます。

03POINT

自らの言葉で世界と対話する「英語力」

Core English Programでは、課題に対してAll Englishで情報収集や議論を行うTask Based Learningを採用。英語で考え、英語で伝えることを繰り返すことで、英語による発信力を磨きます。

カリキュラム

英語の「話す・聞く・読む・書く」の4つの技能について、総合的・体系的に学びます。国際理解や英語に関する科目等の一部はAll Englishまたは「英語+日本語」で学びます。

PICK UP

英語コミュニケーション

先生と英語を使って会話することで、英語によるコミュニケーションの基礎を学びます。

異文化理解

海外の大学とオンラインでつないで交流。文化の違いを比較しながら理解を深めます。

パブリック・スピーキング

英語による口頭発表やスピーチに必要な基礎知識について、実践的に身に付けます。

人材養成目的

人材養成目的その他教育研究上の目的

外国語学部は、国際化の推進を理念とし、グローバリゼーションが深化する世界において求められる実践的なコミュニケーション力を有し、国境を越えて活躍できる、以下に掲げる能力を備えた人材の養成を目的とする。

  1. グローバル化社会の最前線で活躍できる英語の運用能力を有した人材
  2. アジアをはじめとする海外の事情に通じ、異文化や国際社会に対して深い理解力を持った人材
  3. 日本の歴史、文化、社会を深く理解し、日本の立場や事情を世界に発信する能力を備え、グローバル化社会を切り開いて行くことができる人材

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ