教職課程・学芸員課程/教職センター教職センター長あいさつ

MESSAGE

 名城大学教職センターは、本学教職課程部を発展改組して、2003年4月に発足しました。18年目となる今年度は、専任教員8名、事務職員7名による体制のもと、教職課程及び学芸員課程を履修する学生の指導・支援に力を尽くして参ります。

 教職課程に関しては、本学教員養成理念に掲げる「専門的な知識と応用力、教職にかかわる深い理解と実践的指導力のある教員」「謙虚で豊かな包容力と力強い実行力を持ち、誰からも信頼される教員」の養成を目指し、開設学部と連携をとりながら、全学的な取り組みを進めております。

 2019年度公立学校教員採用試験に関しては、例年現役合格者の多くを占める理数系受験学生の減少ということもあり、全体の現役合格者数は18名に留まりました。この結果を真摯に受け止め、従来の試験対策の検証、及び検証に基づく新たな学生サポートの展開(例;スタディサプリ導入)を進めて参ります。

 また、学芸員課程に関しても、本学学芸員養成理念に掲げる「専門的な知識と実践力を備え、高いコミュニケーション能力と博物館活動を運営管理できる能力を有する学芸員」「謙虚で豊かな包容力と力強い実行力を持ち、誰からも信頼される学芸員」の養成を目指し、教職課程同様、開設学部と連携をとりながら取り組みを進めております。

 教職課程、学芸員課程を履修する学生の「夢の実現」に向け、私たちセンター教職員は皆、「学生のサポーター」となる所存です。「専門の強みを活かした教師をめざす」「伝統と実績のもとで仲間と教師をめざす」‥この2つの言葉に加え、「教師としてのやりがい」も学生たちに伝えながら、日々、指導・支援を進めて参ります。今後とも皆様のご支援・ご協力をお願い申し上げます。

2020年4月 名城大学教職センター長  曽山和彦

  • OPEN CAMPUS
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ