教職課程・学芸員課程/教職センター教職センター長あいさつ

MESSAGE

 教職センターは、教職課程と学芸員課程の運営を担当しています。
 本学の教員養成の歴史は、学園創立当初までさかのぼることができます。前身の名古屋高等理工科講習所(1926年創立)が名古屋高等理工科学校(1928年設立)として認可を受ける際の設立認可申請書には、3つの設立目的の1つとして、「中等教育、数学、物理及び化学の資格検定試験に応ぜんとするもの」と掲げられていました。(『名城大学75年史』) 以来、本学の発展とともに幾多の卒業生の皆様が中部地方をはじめ全国各地で教員としてご活躍でいらっしゃいます。
 また、本学では、学内における学芸員養成の機運の高まりのなか、1997年に学芸員課程が設置され現在に至っています。
 本センターは、こうした伝統と実績を常に自覚し、立学の精神、本学教員養成理念及び本学学芸員養成理念に基づき、学部等とともに全学的体制で両課程の運営に尽力していきます。教員、学芸員になりたいという学生の夢をかなえるために何ができるのか、名城大から質の高い有為な教員、学芸員を社会に輩出するために何ができるのか、本センター教職員一同で追求し続けていきます。

2021年4月 名城大学教職センター長  片山 信吾

  • 情報工学部誕生
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ