ナノサイエンスの先駆者・飯島澄男終身教授

インタビュー(2015年8月24日)

インタビューに答える飯島終身教授

カーボンナノチューブ(筒状炭素分子)の応用研究が国内外で活発になっているが、その発見者は名城大学大学院理工学研究科の飯島澄男終身教授。文化勲章を受章し、国際的な賞を数々受けている飯島教授に天白キャンパスの研究室で近況を伺った。

―――多忙さは変わらないと思いますが、最近はどんなペースで生活していますか。

「週のうち4日は名古屋、1日は筑波といったペースでした。産業技術総合研究所(茨城県つくば市)のナノチューブ応用研究センター長の仕事は3月で終わりましたので、これからは名城大学に集中できます。日本学士院会員なので、東京・上野の日本学士院には月1回の例会に出席します。名古屋大学の特別招へい教授も務めているので、名大にも指導に行きます」

―――多趣味だとか。

「母校の電気通信大学オーケストラ部時代に始めたフルートは、今でも研究の合間に息抜きに楽しみます。1997年、ロンドンの英国王立研究所で開かれた『金曜講話』に招かれた際は、講演の冒頭で「グリーンスリーブス」を4小節だけ演奏し、喝采を浴びました。年1回、富士山麓・山中湖畔の音楽ペンションで開く大学オケ仲間の演奏合宿は欠かしません。高校の山岳部時代に覚えたスキーも現役で楽しんでいます。今春は韓国での学会に出席した際に滑りました。オーストリアのチロルで毎年開かれる研究会に参加すると、午前中は仕事をして午後はスキーです。大学時代は山岳部にも所属し、岩登りをしていましたが、今は山登りはあまりしません。渓流釣りもやります。トラウト釣りです」

―――子どものころは自然に親しんだとか。

「自然をこよなく愛し、動植物の観察、収集をして育ちました。私たちの同年代の人に共通しますが、ラジオ少年でした。ラジオを組み立てたり、飛行機や船の模型工作に没頭したりしました」

―――少年時代から好奇心旺盛だったんですね。

「旅行も好きです。知らない所に行くことが楽しみです。名城から出るときは休養に行くようなものです。海外出張は疲れません。むしろ息抜きです。リュックを背負ってどこへでも出かけます。洗濯物は1日で乾くので、余分な衣類は持っていきません。不要なものをそぎ落としていくと、デイパックに収まります。今年はインド、スリランカとデンマークに行ってきました」

―――研究の信条、座右の銘、愛読書を教えてください。

「研究者としては行動派です。座右の銘は特にありませんが、強いて言えばチャレンジかな。読書は乱読です。最近読んだ本で面白かったのは、『日本国最後の帰還兵 深谷義治とその家族』です。第2次世界大戦の戦中・戦後に日本軍のスパイとして中国で活動した兵士の息子が書いた本です。深谷さんは中国当局に逮捕され、1978年の日中平和友好条約締結に伴う特赦で帰郷しました。この条約の締結直前に訪中し、中国の研究者と交流したことがあるので、時期的に重なる出来事として興味深く読みました。中国訪問は丸?進先生(名城大学名誉教授、元学長)が団長でした。2012年からは中国科学院の会員です」

―――高度な電子顕微鏡の技術をもつエキスパートでもありますね。

「独創性のある研究をしなければならない。それを如何に行うか。私は1970年から82年までアメリカのアリゾナ州立大学で研究員をして過ごしました。この間に、物質構造を原子レベルで解明する高分解能電子顕微鏡技術を世界に先駆けて開発しました。物質は小さくすると、違った性質が出てきます。それを追求するのがナノサイエンスです。私は電子顕微鏡で原子の姿を見ることに魅せられてその改良と観察技術を磨いてきました。肉眼では見えないものが電子顕微鏡だと見える。これは面白いと。例えば、いい鉄材を作るには闇雲にやっても効果がない。原子のレベルで評価しなければならない。名古屋地域は自動車産業などが競って研究をしていました。名城でも、丸?先生や下山宏先生(名誉教授、元学長)が電子顕微鏡の装置開発で日本を先導していました」

―――名城との最初の関わりは。

「1982年に帰国し、新技術開発事業団(現・科学技術振興機構)の第1回ERATO(創造科学技術推進事業)研究プロジェクトに参加し、4号館3階で超微粒子の研究をしていました。その時、安藤義則先生(名誉教授)、大河内正人先生(元理工学部材料機能工学科教授)、坂えり子先生(理工学部応用化学科教授)とも交流ができました。87年、NECに入社し、当時、川崎市の宮前平にあった基礎研究所の主管研究員(後に主席研究員・特別主席研究員)になりました。家族を名古屋に置いての単身赴任です。名城大学の物理の非常勤講師として日曜日に名古屋に帰って学生実験を教えていました」

―――1991年のカーボンナノチューブ発見までの道のりを教えてください。

「六角形と五角形を組み合わせたサッカーボールのような原子構造のフラーレン(C60)というものを研究しようとしていました。90年に発表されたC60の大量合成法では、2本の炭素棒電極間の放電(アーク放電)でC60が発生するのですが、当時、安藤先生が進めていた実験で使われていた陰極の炭素棒の上に、堆積した炭素のススのようなものを見つけました。その中に細長い針のような、これまでに見たことのない物質がありました。C60よりこっちの方が面白い。大学院生の時に細長い物質を調べた経験やアメリカ時代の経験があったので、チャンスをつかんだのです」

―――かねがね、発見には、好奇心、観察技術、観察力、知識に加えて、機会に恵まれることの5条件を挙げられています。セレンディピティ(serendipity、偶然な幸運)という言葉も使っています。これらの条件を備えた上で幸運の女神の前髪をつかんだということですか。

「セレンディピティには掘り出し上手という意味もあります。目利きでないと本物は見抜けません。掘り出し物に気が付きません。チャンスは自分でつかむものという意味で、趣味のフライフィッシングに似ています。じっと釣り糸を垂れていては何も釣れません。魚のいる所を見つけて歩かなければならないのですから」

―――カーボンナノチューブは、目につく範囲でどの程度実用化されていますか。

「スマートフォンのタッチパネル、ディスプレー用パネル、小型エックス線発生装置などがあります。カーボンナノチューブはフレキシブルなので、曲げても壊れないトランジスタも開発されました。ただ、材料が高価でコストが高くつくのが難点です」

―――これまでの研究環境で、最も恵まれたことは何ですか。逆に、苦労したことは何ですか。

「世界一の環境にいることができ、不満はありません。苦労した点といえば、職場を度々変えたことです。ずっと同じ職場で持ち上がった研究者とは勝手が違いました。ただ、職場を変わることでゼロからの出発となり、背水の陣で研究してきました。これが私のエネルギーかもしれません」

―――学生に一言。

「チャレンジしてほしい。だめなら元に戻ってまた挑む。一番面白いことを見つけてほしい。自分に適った、エネルギーを100%つぎ込めるテーマを大学4年間のうちに見つけてください」

飯島 澄男(いいじま・すみお)
埼玉県生まれ。東京都立上野高校、電気通信大学卒、東北大学大学院理学研究科博士課程修了。アメリカのアリゾナ州立大学で12年間研究。1991年にカーボンナノチューブを発見。99年から名城大学理工学部教授。NEC中央研究所特別主席研究員、産業技術総合研究所名誉フェロー。ベンジャミン・フランクリン賞、恩賜賞・日本学士院賞、藤原賞、アストゥリアス皇太子(スペイン)賞、カブリ賞(ノルウェー出身の実業家フレッド・カブリ氏と同国政府が創設した賞)などを受賞。2009年、材料科学の研究で優れた業績を挙げたとして文化勲章を受章。

名城大学 経営本部 渉外部(広報)

〒468-8502 名古屋市天白区塩釜口1-501
TEL:052-838-2006 E-mail:kouhou@ccmails.meijo-u.ac.jp

FEATURE

  • 名城大学祭
  • 吉野彰ノーベル化学賞受賞
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • MEIJO DIAMOND
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ