大学概要【2021年度実施分】これからの地域福祉とデザインの役割を考える

理工学部

これからの地域福祉とデザインの役割を考える
実施責任者:谷田 真

就労支援施設を対象とし、彼らの居場所としてコミュニティが醸成される場をデザインするプログラムである。本年度は、実情に応じた家具等、内装の設えをデザインし、ものづくりワークショップの中で、学生たちによるDIYベースの制作を行う予定である。

ACTIVITY

就労支援施設に設置する「小さな仕掛け」の提案

2021/12/08

就労移行支援×自立訓練「ジョブズカレッジ」改装プロジェクト。第1フェーズとして、施設内に設置する12点の「小さな仕掛け」をデザインした。学生たちは、現場の観察調査や福祉団体へのヒアリングを通して、机上では得難い学びを経験するとともに、学びの成果が実社会に貢献していく喜びを体感した。

現場説明会(キックオフ)の様子

リサーチを兼ねた輪読会の様子

運営者の方を招いてのブレスト・ゼミの様子

12の仕掛けを提案・第1フェーズ完了

就労支援施設に設置する「小さな仕掛け」のDIYによる制作

2021/12/24

就労移行支援×自立訓練「ジョブズカレッジ」改装プロジェクト。第2

フェーズとして、施設内に設置する「小さな仕掛け」を学生たちが自らの手で制作した。学生たちは、ものづくりを通して、制作することの難しさ、細かなおさまり、道具の使い方など、学内での授業では得難い学びを経験するとともに、ものづくりの楽しさや達成感を味わった。

現場にて、事前に大工さんから注意事項等のレクチャーを受け、家具の制作を開始した。

研究室内で、実際に制作予定の家具の試作をチェックする

基本的な作り方を理解した上で、学生たちが手分け、分担して、制作を進めた。

実際に完成させた家具。学生たちは、ものづくりの楽しさや、達成感を味わった。

先進事例「sharek金沢」の調査

2021/12/27

share金沢の様子

我が国の人口における高齢者の割合が年々高くなっていく現代において、様々な関わりのある高齢者施設をデザインすることは急務となっています。そこで、本事業では、様々な賞を受賞するなど国内で高い評価を得ている先進事例としてshare金沢の調査を実施しました。

Share金沢では、高齢者や障害者、一般の方など、様々な方々が「ごちゃまぜ」に施設を使う計画がなされています。それにより孤独感を感じる老人が少なく、社会の中での居場所が見つけられるようなデザインがなされています。

調査時の交流の様子

このような調査結果を建築学的に分析し、事業者にプレゼンテーションをすることで、次代の福祉施設のあり方を模索していきます。

学生とユーザーとの協働による「みんなの壁」を施工

2021/12/30

就労移行支援×自立訓練「ジョブズカレッジ」改装プロジェクト。第3フェーズとして、施設内の壁面に飾り棚を施工した。学生たちがあらかじめ設計したデザインをもとに、まずは施設ユーザーとなる障害者らに内容をガイダンスした。グループに分かれ、内容がうまく伝わるよう、モデルを使うなど工夫して説明。次に、道具の使い方等の説明を行った後、事前に切り出した資材を使って、みんなで施工した。
学生たちはこれらのプロセスを通して、伝えることの難しさ、制作することの段取りなど、学内での授業では得難い学びを経験するとともに、協働することの達成感を味わった。

学生たちが予め設計した「みんなの壁」のデザイン

グループに分かれてガイダンス。モデルなどを駆使して、わかりやすさに注意を払った。

道具の使い方や施工順序などを説明。事故の無いように注意を払う。

事前に切り出した資材を使って、みんなで施工した。

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ