農学部/生物資源学科研究室紹介

作物学研究室

作物学研究室

世界中の人々の生命の糧であるイネは、今後、主食用に加えてさまざまな用途での活用が期待されます。私たちは、イネのもつ潜在能力や環境適応の仕組みを解明し、農業と社会への貢献をめざしています。

園芸学研究室

園芸学研究室

果樹・野菜・花きの3分野で「果実・葉・根の構造と機能を探る」「野菜の量的成長と光合成・蒸散作用などの生理機構の解明」「プラスαの価値をもった花きの育成」について研究しています。

遺伝育種学研究室

遺伝育種学研究室

主要穀物イネの新規育種法を研究。従来の遺伝子組み換えよりもさらに高精度に遺伝子をデザインできるターゲティング法をイネで確立し、実用的な"次世代育種法"をめざしています。

植物分子遺伝学研究室

植物分子遺伝学研究室

植物が栄養状態の変化にどのように対応しているか、根がどのようにできてくるのかなど、植物が生きていくための「しくみ」を遺伝子のレベルで明らかにすることをめざしています。

植物病理学研究室

植物病理学研究室

植物を害する微生物を対象に、病気の発生を助長または抑制する環境要因を調べています。ほ場実験や遺伝子実験を幅広く使い、環境負荷の低減に向けた永続的な栽培体系の確立をめざしています。

昆虫学研究室

昆虫学研究室

植物(作物)は害虫に食害されると、特別な「香」を出して天敵類(ヤドリバチや捕食者)を呼び寄せます。これらの三者間の相互作用について調べています。
生物多様性の課題にも精力的に取り組み、自然林のみならず農耕地でも昆虫相の調査を行っています。

生物資源経済学研究室

生物資源経済学研究室

今日、食料・農業・農村を取り巻く問題は、ますます複雑化しています。当研究室では、これらが直面する課題を社会科学(経済学や経営学)の視点から解き明かし、その解決策の方向を示しています。

FEATURE

  • FEATURE3
  • FEATURE2
  • FEATURE1