経営学部/国際経営学科科目 Pick Up

国際経営論

企業の国際化・多国籍化についての理論と、国際化を果たした日本企業の海外直接投資に関する研究に取り組みます。企業の国際的行動に関する深層メカニズムの理解を目的としています。

国際マーケティング論

国際マーケティング戦略の構築に焦点を当て、その基本概念、環境への影響、戦略策定、実施手順を理解し、世界に通用するマーケティングの実務知識の習得を目指します。

EU企業論

EUレベルで実施されている各分野の共通政策が、EU域内および世界における欧州企業の事業展開にどのような影響を与えているのかという点について考えます。

国際地域文化研究

世界の中の日本語や日本文化、日本人という視点から、アメリカ、ヨーロッパ、中国などの企業・経済・文化の比較分析を行って、日本と日本語に対する理解をさらに深めることを目的とします。

国際フィールドワーク

アメリカ、ヨーロッパ、アジアなど海外での現地研修を行い、各国の語学実習や企業・経済・文化に関する講座、現地企業への訪問などを通じて、国際経営の実態を理解します。研修先は年度により変更することがあります。

国際金融システム論

国際金融システムの歴史的な発展を明らかにしながら、そこで活動を続けているさまざまな金融機関の経営の実態を明らかにします。これからの国際金融システムに何が必要なのか考えます。

アジア企業論

成長著しいアジア地域における企業の経営と実態を紹介します。欧米日企業と比べて、一部の企業を除けば日本ではまだその経営の実態が知られていない財閥・企業も多いようです。本講義では韓国のサムスン、LG、現代、ロッテをはじめとして、台湾のホンハイ、東南アジア企業、インドのタタグループなどを取り上げます。

FEATURE

  • FEATURE3
  • FEATURE2
  • FEATURE1