イベント 農学部公開講座「食と農の安全を考える」第4回

一般 在学生 卒業生 保護者

農学部公開講座「食と農の安全を考える」第4回を開催します。
近年、地産・地消といった言葉をよく耳にします。地域で収穫したものを地域で加工して消費することは、環境にやさしい資源の循環につながります。本講座では、地産・地消を実践する2例(東京オリンピック・パラリンピックでの食料調達や恵那川上屋(株)の栗きんとんでの実践例)を紹介します。
市民の皆さまのご参加をお待ちしております。

講演テーマ 「安全・安心と地産・地消」
講師 【講演1】東京オリンピック・パラリンピック競技大会における持続可能性に配慮した食材調達の取り組みについて
 講師:(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会 組織委員会 総務局 持続可能性部
持続可能性事業課長 日比野 佑亮 氏
【講演2】栗が風を運んだ
 講師:株式会社 恵那川上屋
代表取締役社長 鎌田 真悟 氏
開催日時 6月8日(土)13:00~15:30
会場 天白キャンパス 共通講義棟北 N-201講義室
名古屋市天白区塩釜口一丁目501番地
※駐車場はありません。公共交通機関をご利用ください。
参加費 無料
定員 200名(先着順) どなたでもご参加いただけます。
申し込み方法 事前のお申し込みは不要です。直接会場にお越しください。
【お問い合わせ】農学部事務室 TEL:052-838-2054
(受付時間/9:00~17:00※土日祝日を除く)

FEATURE

  • 新年度お役立ち情報
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 名城サポーターズ募金
  • HELLO WORLD!
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ