イベント 【イノベーション人材育成プログラム第2弾 モビリティサービスを考えるワークショップ開催】

在学生

社会では、創造的な視点から社会・ビジネスの課題を発見し、社会や企業を変革していく力が求められています。そこで、必要な考え方を学びながら、新規事業開発に取り組むワークショップを開催します。
今回は、グローバルICT企業である富士通株式会社と連携し、未来のモビリティサービスを生み出すワークショップを開催します。

<ミッション>
2030年世界で100兆円を超えると予測されるモビリティサービス市場。
皆さんが欲しいと思える将来の交通(移動)サービス、物流サービスを考えよ。

<挑むテーマ>
テーマ①皆さんが欲しいと思える新しいモビリティサービスを考える。
テーマ②現在社会の交通・移動に関する問題を解決するためのサービスを考える。
テーマ③車に関するデータを活用した新しいサービスを考える。

<こんな学生にオススメ>
・自動車業界やモビリティサービス企業を目指している。
・ビジネスモデルの創造に興味がある。
・起業や新規事業開発に関心がある。
・ITやビッグデータの活用に関心がある。
・社会課題を解決する仕組みの構築。

エントリー

未来のモビリティサービスを考えるワークショップ

講師 ファシリテーター:株式会社富士通総研 中谷 仁久 氏
会場 7月1日(月)18:10~20:10
キックオフ説明会兼事前学習会 @天白キャンパス東館H202
8月30日(金)13:00~16:30
ビジネスモデル開発ワークショップ @富士通(株)JRゲートタワー
定員 36名(先着順)
受講料 無料
申込締切 6月24日(月) 正午
対象 在学生(学年不問、1年生からOK)
お問い合わせ メール:ccr@ccml.meijo-u.ac.jp
天白キャンパス 社会連携センター事務室(@天白C タワー75 11階) 052-838-2473
ドーム前キャンパス 社会連携センター窓口(@ドーム前C 西館1階) 052-721-8881

FEATURE

  • 名城大学テクノフェア
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ