イベント 講演会「ドイツのヘイトスピーチ対策とその特徴―歴史・現状・未来」

一般 在学生 卒業生 保護者

法学部の近藤敦教授が会長を務める「名古屋多文化共生研究会2017年度年次大会」が下記の日程で開催されます。つきましてはご興味をお持ちの皆さまにぜひお集まりいただきたく、ここにご案内申し上げます。

開催日時 4月8日(土)14:00~17:00
対象者 どなたでもご参加いただけます。
会場 天白キャンパス 10号館2階大会議室
内容 14:00 開会・あいさつ:会長 近藤 敦(名城大学法学部教授)
14:10 基調報告:金 尚均(龍谷大学法科大学院教授)
14:20 講演:
『帝国市民』という新たな問題―ドイツ基本法の制定に照らして
ヨヘン・フックス(マクデブルク単科大学教授)
ドイツにおけるポピュリズムと排外主義
マクシミリアン・フーアマン(ブレーメン大学研究助手)
通訳:金 尚均
参加要領 ※参加無料・要申し込み、資料代:500円
※事前申し込み・問い合わせ先 名古屋多文化共生研究会
※E-mail:aberyogo@auecc.aichi-edu.ac.jp
件名に「NAMS大会参加」と明記のうえ、お名前・ご所属・連絡先をお知らせ下さい。
  • OPEN CAMPUS
  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ