研究・産学官連携難治性疾患発症メカニズム研究センター

研究センターのミッション

 名城大学難治性疾患発症メカニズム研究センターは、現代社会において大きな問題となっている難治性疾患について、その病因・病態のメカニズムを解明することを目的として、2019年の4月に発足した。特に、「結合組織」、「中枢神経系」、「血液系」の難治性疾患について注目し、代表的な難治性疾患の分子機構を解明することで、各疾患の画期的な診断・治療・予防法の開発を目指している。具体的な目的は以下のとおりである。

  1. グリコサミノグリカン鎖代謝不全に起因する骨・皮膚・免疫・神経疾患の発症分子メカニズムの解明。
  2. ベタインによるアルツハイマー型認知症患者の認知機能障害抑制における有用性の検討とその作用メカニズムの解明。
  3. 補体3型受容体及び組織トランスグルタミナーゼを介した致死性血栓症の発症メカニズムの解明。

難治性疾患発症メカニズム研究センター

難治性疾患発症メカニズム研究センター代表:薬学部教授 山田 修平

連絡先:〒468-8503 名古屋市天白区八事山150 名城大学薬学部

TEL: 052-832-1151(代表) E-mail:shuheiy@meijo-u.ac.jp

  • 新型コロナ緊急寄付募集
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ