研究・産官学連携プラズマバイオ応用研究センター

研究センターのミッション

 本センターはプラズマとバイオ試料との相互作用を明らかにすることで学問の基礎を構築し,その知見を基にプラズマを農学,薬学などに応用する技術の確立を目的とする。具体的には本センターの前身であるプラズマバイオ科学技術研究センターにより構築された学際領域の知見を基盤として、(1)水耕栽培や植物工場でのプラズマ液中殺菌及び植物成長促進同時達成技術の開発、(2)次世代バイオマス燃料製造プロセスを高効率化させるプラズマ応用技術の開発、(3)プラズマ活性溶液を用いた新規がん治療法の開発など、プラズマを用いて微生物や作物が本来持つ能力を最大限に引き出す応用技術を開発することをミッションとする。

プラズマバイオ応用研究センター代表: 伊藤 昌文

連絡先:468-8503名古屋市天白区塩釜口1-501 名城大学 理工学部 電気電子工学科

E-mail: mailto:ito@meijo-u.ac.jp

TEL: 052-832-1151(代表) 内線5085

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ