研究・産官学連携研究設備紹介

研究に利用している主な設備

左図はセンターで開発した回転型低温グロープラズマの放電写真です。右図はそのプラズマ装置の電源水冷装置一式の写真です。小型で持ち運びができ、空気でも安定した低温大気圧プラズマが高効率で発生できます。

大気圧プラズマから供給されるプラズマ中の活性な正イオン、負イオン、電気的に中性な活性種などを定量的に計測評価できる日本に数台しかない装置です。

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ