研究・産官学連携研究代表者メッセージ

研究代表者 伊藤 昌文

研究代表者 理工学部教授 伊藤 昌文

 プラズマのバイオ分野への応用は,国内外で従来の医療機器の殺菌だけにとどまらず,医療分野では潰瘍の治療やがん細胞の選択的不活性化に効果があることが示され,その実用化が大いに期待されています。農学分野においても,殺菌・殺虫だけではなく,その発芽促進や成長促進に効果があることが示され,それらの応用が期待されています。

 しかしながら,これらは効果の実証研究が先行し,それらのほとんどのメカニズムが定量的には解明されていませんでした。特に今後の医療や治療と同様に,植物などの発芽促進や成長促進への適用においても,プラズマ中のどの因子の効果が高いか個別の効果及び相乗効果や安全性を定量的に評価し,それらのメカニズムを理解して制御することがさらに重要となります。

 本センターの前身となるプラズマバイオ科学技術研究センターでは、これらの定量的評価法とメカニズムの解明に重きを置き、多くの知見を蓄積することができました。本センターはそれらの知見を基盤として、プラズマを用いて微生物や作物が本来持つ能力を最大限に引き出す応用技術の開発を目指します。これら応用手法の開発を通して,将来の食糧問題、エネルギー問題、高齢化問題の解決の一助になるよう努力していきたいと考えています。

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ