大学概要 【2020年度実施分】英語プレゼンを始めとする英語学習互助コミュニティの創出

外国語学部

No.12

実施責任者藤田 衆

英語学習において、上級生と下級生が交流しながら高めあっていく異学年の学びのコミュニティを形成します。コミュニティ形成の触媒となるようなSpelling Bee Contest、多読コンペ、ブックレポートおよび英語プレゼン指導など、授業の延長上にあるイベントを企画し、学生が学びを楽しみながら英語力をつけていけるよう、学部生間の協働学習や互助を促していきます。

活動報告3

2021/04/01

外国語学部の英語ライティングコースでは例年前期に、1年生を対象にスペリングビーコンテスト(Spelling Bee Contest)を行っていましたが、本年度は後期に行いました。例年では、各クラスで1名優秀者を選び、各クラスの代表がDN301に会し、他の全員が応援者となり、各クラスの代表者を応援するということですが、本年度はコロナ禍で密を避けるため、各クラスで一名優秀者を選び、副賞として1000円の図書カードが贈呈されました。おめでとうございます。

担当教員   各クラス優秀者
James Rogers: 繆卓 君
Paul Dickinson: 千種彩未 さん
Paul Wicking: 河尻祐佳 さん
Brian Gallagher: 奥村芽生 さん
Atsumi Yamaguchi: 梅村有彩 さん
Keita Kodama: 内山鈴菜 さん
Otto Lamb: 西田 悠人 君
Fleur Ogura: 竹内士恩 君

ACTIVITY

活動報告1

2021/04/01

 外国語学部の英語リーディングコースでは例年多読最優秀者を表彰してきましたが、今年度は、前期は大学内の図書館やグローバルプラザが自由に使えなかったということで、Book Looperからの英語書籍を毎週読み、そのブックレポートを提出するという課題になりました。全12回のブックレポートから、7人の教員がそれぞれのクラスで優秀なブックレポートを選び、投票で最優秀賞が選ばれました。受賞者には副賞として3000円の図書カードが進呈されました。

1年生からは、祐成 志桜里さんが選ばれました。おめでとうございます。

担当のディキンソン先生から賞状をうけとる祐成 志桜里さん 担当のディキンソン先生から賞状をうけとる祐成 志桜里さん

2年生からは、渡邉 芽依さんが選ばれました。おめでとうございます!

活動報告2

2021/04/01

 外国語学部の英語リーディングコースでは後期も前期に引き続き、ブックレポートコンテストを開催しました。全12回のブックレポートから、7人の教員がそれぞれのクラスで優秀なブックレポートを選び、投票で最優秀賞が選ばれました。受賞者には副賞として3000円の図書カードが進呈されました。

 1年生では、栗山 未澪さんが書いたイギリスの小説家チャールズ・ディケンズの『二都物語』についてのブックレポートが選ばれました。おめでとうございます!

賞状を手にする栗山さんと担当の柳沢先生 賞状を手にする栗山さんと担当の柳沢先生

 2年生からは、白井 葉捺さんが選ばれました。白井さんはイギリスの小説家ダニエル・デフォーの『ロビンソン・クルーソー』についてブックレポートを書き、最も優れたものとして表彰されました。おめでとうございます!

賞状を手にする白井さんと担当の西尾先生 賞状を手にする白井さんと担当の西尾先生

 3年生からは、杉本 柚乃さんが選ばれました。杉本さんはイギリスの児童文学MOONDIALについてブックレポートを書き、最も優れたものとして表彰されました。おめでとうございます!

賞状を手にする杉本さんと担当のホール先生 賞状を手にする杉本さんと担当のホール先生

活動報告3

2021/04/01

外国語学部の英語ライティングコースでは例年前期に、1年生を対象にスペリングビーコンテスト(Spelling Bee Contest)を行っていましたが、本年度は後期に行いました。例年では、各クラスで1名優秀者を選び、各クラスの代表がDN301に会し、他の全員が応援者となり、各クラスの代表者を応援するということですが、本年度はコロナ禍で密を避けるため、各クラスで一名優秀者を選び、副賞として1000円の図書カードが贈呈されました。おめでとうございます。

担当教員   各クラス優秀者
James Rogers: 繆卓 君
Paul Dickinson: 千種彩未 さん
Paul Wicking: 河尻祐佳 さん
Brian Gallagher: 奥村芽生 さん
Atsumi Yamaguchi: 梅村有彩 さん
Keita Kodama: 内山鈴菜 さん
Otto Lamb: 西田 悠人 君
Fleur Ogura: 竹内士恩 君

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ