農学部/応用生物化学科応用生物化学科

生物や食品の機能を解明し、
新しい物質の探索に挑む。

化学を基盤とした生命現象・食品機能・生物制御機構の解明と応用に関する専門知識、論理的思考力を培います。バイオテクノロジー、食品、医薬品・化粧品・医療関連産業など、幅広い分野で広く活躍できる専門家を養成します。

学科の特徴

01POINT

生命・食品・医薬品・化粧品の科学を学ぶ

バイオサイエンスやバイオテクノロジーを学び、生物や食品の機能を分子レベルで探求。新しい生物活性物質の探索や、分子設計にも挑戦します。

02POINT

体験型・課題解決型学習

講義で学んだ理論を、学生実験や実習で実体験して理解します。卒業研究では、教員の指導の下、仮説を立てて実験を計画・実行。自ら考え、課題を解決する力を養います。

03POINT

農学部の卒業研究発表会を開催

農学部3学科の4年生全員が、学科や研究室の垣根を超えて卒業研究の成果を発表します。この研究発表会が、農学部全体の活性化・研究交流に大きな効果を生んでいます。

カリキュラム

1年次から段階的に、応用生物化学の基礎から応用までを学びます。同時に社会人としての高い倫理観や法的知識を身に付け、生命に関連する分野で活躍できる能力を養成します。

カリキュラム

PICK UP

生物化学I・II

遺伝子工学や細胞生物学を取り入れながら、高次の生命現象について学習します。

栄養科学I・II

食品の栄養成分の科学的な性質から栄養学的な役割までを理解し、消化吸収や代謝反応を学びます。

香粧品化学

注目を集める「香り分子」を利用するための基礎的知識と応用力を身に付けます。

人材養成目的

人材養成目的その他教育研究上の目的

応用生物化学科は、化学を基盤とした生命現象・食品機能・生物制御機構の解明と応用に関する専門知識、論理的思考力、実践力、倫理観を有し、バイオテクノロジー・食品・医薬品・化粧品・健康・医療関連産業、教育、行政などの分野において国内外で広く活躍できる専門家や指導者の養成を目的とします。

就職に強い名城大学

就職先について

応用生物化学の総合性を活かして、食品関連や医薬品関連企業はもちろん、バイオや化粧品関連企業などで活躍しています。そのほか、公務員や教員など、様々な分野で社会に広く貢献しています。

就職率

100%

(2017年3月卒業者)

在学中に受験できる資格をはじめ、卒業とともに取得できる免許・資格があります。

取得できる免許・資格

FEATURE

  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ