農学部/応用生物化学科研究室紹介

応用微生物学研究室

応用微生物学研究室

微生物の持つ有用遺伝子や新しい機能を見いだすことで、それらの有する潜在能力を最大限に引き出し活用することをめざします。

生物化学研究室

生物化学研究室

生物化学は生命現象を分子レベルで解明する学問であり、その対象は「生命・食品・医薬品・化粧品」です。本研究室の専門分野としては、他に遺伝子工学やバイオテクノロジーなどが挙げられます。

栄養・食品学研究室

栄養・食品学研究室

『健全な食生活の構築』を大きな研究テーマに掲げ、酵素反応、微生物・細胞培養技術を駆使して食品の生理活性の評価や活性発現メカニズムなど、広く栄養科学および食品科学に関する研究をしています。

食品機能学研究室

食品機能学研究室

畜産食品を対象に安全、美味しい、そして健康に役立つ食の創製をめざしています。
そんなモノづくりのための加工技術の理論と実際について追究。現在は発酵、レトルト、凍結技術を中心に研究を進めています。

生物物理化学研究室

生物物理化学研究室

生物の体や食品には多くの水とともに糖やタンパク質などのさまざまな物質が含まれています。これらの物質と水の相互作用やその結果生じる機能について熱力学やレオロジー的視点から研究しています。

天然物有機化学研究室

天然物有機化学研究室

独自性、進歩性を重視した有機反応手法を起点として、生物活性天然物、自然界に存在しない生物活性分子、医薬品・化粧品のもとになる有用分子群などの精密化学合成を行っています。

農薬化学研究室

農薬化学研究室

農薬は、農業の生産性の向上と省力化に供される農業資材です。本研究室では、自然に存在する農薬およびその由来成分から、抗がん剤を開発するための基礎的な研究をし、その生物分子化学的なメカニズムの解明をしようと試みています。

FEATURE

  • FEATURE3
  • FEATURE2
  • FEATURE1