農学部/応用生物化学科教育の特徴

教育の特徴

生命現象、食品機能および生物機能について、化学的に探究。 生命科学・食品科学・生物有機化学分野について基礎から応用まで学習することにより、洞察力、創造力、実践力を養い、 バイオ関連産業、食品・医薬品産業、食品衛生サービス産業、化粧品産業などの分野で 国内はもとより海外でも貢献できる専門的教養人を育成する。

  • 生物化学や微生物学などを基礎として生命科学やバイオテクノロジーを体系的に学ぶ。
  • 生体成分の機能解析、生物・食品機能の解明、新規生理活性物質の探索や分子設計などを行う。
  • バイオテクノロジーを含む生命科学系、食品科学系、生物有機化学系の研究体制を整備。

FEATURE

  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ