学生生活緊急時の授業および試験

暴風警報・災害時の授業及び試験

天白キャンパス、八事キャンパス、ナゴヤドーム前キャンパスにおいては名古屋市に、附属農場においては春日井市または名古屋市に暴風警報が発令された場合やその他の災害時の場合の授業および試験は、それぞれ次のように取り扱います。

1)暴風警報の場合

①授業の場合

暴風警報 授業の場合

午前7時以降に発令した場合は、直ちに休講

②試験の場合

暴風警報 授業の場合

2)災害の場合

災害等(地震、風水害、雪害、広域停電および落雷)の緊急事態が発生し、授業および試験に支障があると判断した場合は、その都度、学務センター(薬学部は学部事務室、都市情報・人間・外国語学部はナゴヤドーム前キャンパス事務室)から指示しますので、これに従ってください。

交通機関がストライキを実施している場合の授業及び試験

交通機関のストライキとは、通学圏内の交通機関が全面運休、またはこれに近い状態であることをいいます。この場合の授業および試験は、それぞれ次のように取り扱います。

1)授業の場合

JR東海(東海道線・中央線・関西線)・近鉄・名鉄・名古屋市の交通機関(市バス・地下鉄)のうち、いずれかがストライキを実施している場合の授業は次のように取り扱います。

解除時刻 授業開始時限
午前7時前に解除 1時限目から実施
午前7時以後午前10時前に解除 3時限目から実施
午前10時以後午後2時前に解除 6時限目から実施
午後2時以後に解除 全時限休講

2)試験の場合

JR東海(東海道線・中央線・関西線)・近鉄・名鉄・名古屋市の交通機関(市バス・地下鉄)のうち、いずれかがストライキを実施している場合の試験は次のように取り扱います。

解除時刻 試験取扱措置
午前6時前に解除 予定どおり実施
午前6時以後午後2時前に解除 午後6時以前実施の試験を延期
午後2時以後に解除 午後6時以後実施の試験を延期

3)特例措置

特別の授業科目については、学部によって取り扱いが異なる場合があります。また、ストライキ以外で、自然災害または交通事故などの理由により、交通機関の運行が混乱し、授業および試験に支障があると判断された場合は、その都度、学務センター(薬学部は学部事務室、都市情報・人間・外国語学部はナゴヤドーム前キャンパス事務室)から指示しますので、これに従ってください。

大規模地震に関する注意情報の発表及び警戒宣言が発令された場合

1)東海地震に関する注意情報が発表された場合の対応

  1. 注意情報が発表された場合は、休講とします。
  2. 大学内にいる場合は速やかに帰宅してください。自宅にいる場合は待機してください。
  3. 交通機関の不通等で帰宅が困難な場合は、大学で待機し、大学からの情報に基づき行動してください。

2)東海地震に関する注意情報が発表された後、警戒宣言が発令されなかった場合の対応

  1. 警戒宣言が発令されなかった場合は、翌日から講義を行います。
  2. 警戒宣言が発令されなかったことを確認してから登校してください。

3)警戒宣言が発令された場合の対応

  1. 警戒宣言が発令された場合は、休講とします。
  2. 警戒解除宣言が発せられた場合は、翌日から講義を行います。
  3. 警戒解除宣言が発せられたことを確認してから登校してください。

FEATURE

  • FEATURE3
  • FEATURE2
  • FEATURE1