研究・産官学連携クリニカルオミクスを基盤とするトランスレーショナルリサーチセンター

クリニカルオミクスを基盤とするトランスレーショナルリサーチセンター

研究センターのミッション

 近年、「がん」をはじめとする様々な疾患の正確な病態把握のために、積極的に遺伝子検査が実施され、その診断結果に基づいて疾患特有の標的分子をねらい撃ちする治療薬"分子標的治療薬"が用いられるようになってきています。このような取り組みは、一定の治療成績向上効果をもたらしていますが、今後の医療をさらに発展させるためには、新たな標的分子を発見し、その応用による精度の高いオーダーメイド (最適化あるいは個別化) 医療の確立が渇望されています。
 名城大学トランスレーショナルリサーチ(TR:Translational Research)センターでは、「がん」を対象疾患とするオーダーメイド医療の実現に向けて、アカデミアとしての役割を果たすべく、中部地区の中核病院との密接な連携のもとに収集された詳細な臨床情報が附帯する血液などの臨床試料を解析対象として、最先端の質量分析や分子生物学的解析技術などを駆使したオミクスデータ(網羅的な生物情報)の集積「クリニカルオミクス」を推進することにより、「がん診療」に関連する分子群の網羅的探索と同定を進めていきます。

クリニカルオミクスを基盤とするトランスレーショナルリサーチセンター

クリニカルオミクスを基盤とするトランスレーショナルリサーチセンター代表:柳澤 聖

連絡先:〒468-8503 愛知県名古屋市天白区八事山150 名城大学薬学部

E-mail: kyana@meijo-u.ac.jp

TEL: 052-832-1151(代表)

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ