学部・大学院研究科長メッセージ

MESSAGE

加茂 省三

 「高次な実践的教養人」の育成、これが人間学研究科の目指すところです。他方で、「実践的教養人」の育成は名城大学人間学部が目指す目標です。ここから人間学研究科は、人間学部の延長線上または発展として位置づけられた研究科といえることができます。 実際に人間学研究科は、「心理」「社会・教育」「国際・コミュニケーション」の3つの分野から構成され、3つの分野のいずれかに重きを置きながら、他分野の履修をも通して人間をめぐる学際的・複合的な理解を試みる、ことを特徴としています。ここからもまた、人間学部の教育課程の延長にあると捉えることができるでしょう。

 それでは、「高次」とはどういうことなのでしょうか。すなわち「高次な実践的教養人」と「実践的教養人」との違いはどこにあるのでしょうか。「高次な実践的教養人」とは、より実社会を意識し、実社会の中で主導的な役割を担うことができる人材であるということです。グローバル化が進展した現代社会では、さまざまな課題が噴出しています。まさにそうした実社会の課題に対して「現実を踏まえ粘り強く交渉する能力」「意見の対立を調停する能力」「新しく、独創性のある発想を伴った創造力」を持つ人材であることが、「高次な実践的教養人」であるのです。もちろんこうした能力や創造力の基盤に、人間を中心とする視点、人間性の探究といった人間学の根幹となる教育や研究が必要とされることを忘れてはなりません。

 人間に関するテーマをより深く探求することで、より高次の実践性を備え社会に貢献する、人間学研究科はそのために常に研究を重ねています。

人間学研究科長 加茂 省三

  • 情報工学部誕生
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ