留学・国際交流スチューデントアシスタント制度

スチューデントアシスタント制度(略称SA)は、名城大学に在籍する外国人留学生の学業や学生生活などの支援を目的に発足した制度です。

SA登録者は、さまざまな活動を通して外国人留学生が安心して楽しい学生生活を送れるようにサポートするだけではなく、国際感覚とボランティア精神の向上やリーダーシップ性を身に付けることができます。

活動の様子

学習支援

日本語学習支援

日本語を学び始めて間もない留学生には、ひらがなやカタカナなどの復習をしたり、授業で使用しているテキストを使って会話練習をしたりすることで、日常生活に必要な日本語能力を身に付ける学習をサポートします。

また正規留学生には、スチューデントアシスタントの学生がスピーキングパートナーとしてペアを組み、レポートなどの文章に誤字脱字がないかの確認や、履修科目の復習をするなどの学習支援をおこないます。

スピーキングパートナー

スピーキングパートナー

「日本人学生と友達になるきっかけがない」「大学の講義とアルバイトで一日がおわってしまい日本語で話す相手も時間もない」などの声を留学生から多く聞きます。

スピーキングパートナーを希望する留学生に、スチューデントアシスタントの学生を紹介し、週に1回会話をする時間を設けます。一緒に昼ご飯を食べたり、苦手科目の相談に応じたりなど、何気ない友達づきあいのなかで、留学生の学生生活を支えることができるのが、スピーキングパートナーの魅力です。

国際交流活動

留学生による母国紹介

留学生に母国の食文化や習慣などを紹介してもらう世界を知る学びの活動です。これまでに、中国、韓国、モロッコ、ベトナム、オーストラリアやネパールなどを紹介してきました。

大学行事

大学行事で一番の盛り上がりを見せる大学祭や、地域の皆さんとのふれあいを大切にする名城大学Dayでは留学生とともに国際交流を意識した内容で、大学行事に参加しています。

大学行事

交換留学生の空港出迎え

海外協定校からやってくる交換留学生に対して行う最初のサポートが、空港出迎えです。スチューデントアシスタントの学生が、到着ロビーで交換留学生を迎え入れ、その後は大学近くの宿舎まで案内します。

空港出迎えを担当するスチューデントアシスタントは、交換留学生にとって、来日後に初めて出会う名城大学の学生です。日本での留学生活を始める第一歩を手助けする大変重要な役割です。

交流ラウンジ

交流ラウンジ

タワー75 5階にある交流ラウンジは、スチューデントアシスタントの学生と留学生のための学生ラウンジです。

ここでは、日本語学習支援や交流イベントなどが行われます。また、休憩やミーティングなどにも利用でき、学生同士の憩いの場になっています。

スチューデント・アシスタントの登録希望の方へ

登録時期・条件

名城大学に在籍する学部生および大学院生なら、いつでも登録することができます。

登録のながれ

登録のながれ

報告書の提出

SA登録者は、年2回(前期・後期分)活動報告書の提出が求められています。

SA登録の継続

在学期間中は、報告書の提出により継続意思確認を行なっています。報告書の提出がない場合は、次の学期や年度に継続されませんので注意してください。

様式等ダウンロード

企画書・報告書・活動報告書

書類の種類ファイル
企画書

様式(Word) |  様式(PDF)

イベント準備物チェックシート

様式(Excel) |  様式(PDF)

報告書

様式(Word) |  様式(PDF)

活動報告書(在校生)

様式(Excel) |  様式(PDF)

活動報告書(卒業生)

様式(Excel) |  様式(PDF)

FEATURE

  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ