学部・大学院学部長メッセージ

MESSAGE

瀬川 新一

東西冷戦の終結から四半世紀が過ぎ、グローバル市場経済が拡延・浸透すると同時に、この間にICTが著しく発達し、「インダストリー4.0」なるコンセプトのもとで産業や経済が変化し始めています。そしてその一方で、近年では英国のEU離脱や米国における自国第一主義を掲げる大統領の誕生など、いわばグローバル化の反作用や副作用とも言える政治・経済の巨大な地殻変動を引き起こしています。アジアにおいても戦後秩序に大きな揺らぎが生じています。こうした状況では、現実に何が生じているのかということを先入観抜きに感知・観察し、考え・行動できる力の重要性が増しています。

2000年の学部発足以来、経営学部は、経営学科と国際経営学科の2学科体制のもとで、組織的・継続的に教育の質の向上に努めてきました。現在、あらためて「現場触発型」の実学的な教育による人財育成に力を注いでいます。すなわち、豊かな教養とマネジメント、会計・ファイナンス、マーケティング、国際経営など経営学の専門的な知識の修得の上に、企業への訪問調査や企業と連携した問題解決型学習、国内外でのフィールドワーク、外部講師を招いての講演会などを通して、企業や社会が現実に直面している課題の解決に資する実学・実践的な各種スキルの習得を目指しています。

あわせて、経営学部では1年次の「基礎ゼミナール」から4年次の「専門ゼミナールIII」における卒業論文の作成までを必修科目とする少人数のゼミナール教育を重視しています。学生がより主体的・積極的な役割を果たす2〜4年生の「専門ゼミナール」では、上述の専門知識に加えて、これまでの習慣や常識にとらわれず、学生自身が自ら調べ・考え抜く力、行動する実行力と、組織内は無論のこととして、組織や企業の壁を越えた多様な人間とのコミュニケーション力の向上を目的として、種々の「学びの場」を提供しています。

このような教育改善・人財育成の取り組みは、学生アンケートによる満足度や高い就職率として、客観的にも高い評価を得ています。経営学部は現状に満足することなく、これからも企業や社会との多面的な接点の改善をおこないながら、経営学に関する高度な専門知識とスキル、社会の課題や変化を感じ取る鋭い感性と変化に即応できる知恵と工夫、そして自らの目標に向かって、困難にあっても最後まで物事をやり遂げる強い精神力を備えた、真に社会に貢献できる教養豊かな人財の育成をめざしていきます。

学部長 瀬川 新一

FEATURE

  • 名城大学テクノフェア
  • MEIJO MAG
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • HELLO WORLD!
  • 名城サポーターズ募金
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ