教育への取り組み/FD活動・授業評価授業改善アンケート

名城大学における特徴的な取り組みの一つとして授業評価・授業満足度・授業改善アンケートが挙げられます。

授業評価アンケートは、2000年度から全学一斉にスタートしました。
その後、持続的に、よりよき魅力ある授業づくりをめざすことを目標とし、2003年度には、東海3県の大学では初めて民間企業で顧客満足度を測るために用いる「CS(Customer Satisfaction)分析」を本学教員が独自で開発し、授業評価に導入しました。

以降、2005年度には学生がアンケート項目の作成に加わり、学生の視点から教育改善に必要な情報を得るために、CS分析の考え方を生かした「授業満足度アンケート」へと充実を図りました。

そして、2006年度からは、学生・教員双方のアンケート結果に基づき、学生と教員の授業に対する意識の違いなど、多角的な観点から授業を分析し、授業改善に役立てています。

なお、2016年度からは、効率的な授業評価を行う手法の一策として、Webを利用した授業改善アンケートを試行的に実施し、2017年度には本格的にWebアンケートの実施へと移行しました。

これまでの実績

2010年度授業改善アンケート調査結果報告書から

  1. 学生と教員の評価の差(ギャップ)が少ないほど、満足度が高くなる傾向にある。
  2. 授業満足度と相関の高い項目は、「興味がわくように工夫された授業であるか」「内容が興味深く、魅力的か」「大切なポイントが示されているか」「学生の理解度を確認しながら授業を進めているか」「新しいことを学べているか」がトップ5である。したがって、これらの項目が満足度を高めるうえでのキーポイントとなる。
  3. 1クラスあたりの出席者が40人未満になると満足度が急に高くなる。

このように分析結果から得られた知見を日々の授業改善、教育改善、カリキュラム改善に生かしています。

2018年度

2017年度

2016年度

2015年度

2014年度

2013年度

2012年度

2011年度

2010年度

2009年度

2008年度

2007年度

FEATURE

  • 新年度お役立ち情報
  • 名城大学チャレンジ支援プログラム
  • 名城サポーターズ募金
  • HELLO WORLD!
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ