理工学部/電気電子工学科学びのポイント

教育方針

 現在、電気電子技術はほとんどすべての先端機器において必要不可欠な基盤技術となっています。このような現状を考えるとき、基本的事項の理解、基礎学力は特に重要です。電気電子工学科では基本の理解、基礎学力の養成に重きを置いた教育を行っています。しっかりとした基礎学力とともに、幅広い電気電子工学関連技術の中でも、特に社会での重要性が高まってきている電気エネルギー、電気電子材料等に関する技術あるいは通信、計測・制御、情報処理等に関する技術を深く教育することで、幅広い社会の要請に応えることができる人材を育成することが電気電子工学科の目標です。
 具体的には、数学、物理、化学、情報技術、語学の一般的基礎学力、さらには電気磁気学、電気回路、電子回路などの電気電子技術者としての基礎学力を養うとともに、電気エネルギー、電気電子材料等に関する分野、あるいは通信、計測・制御、情報処理等に関する分野の専門知識と応用・問題解決能力を重点化して身につけるための教育を行います。
 これらの教育を通して基礎学力と専門知識を身に付け、応用・問題解決能力を涵養することは、大学院での更なる「電気エネルギー」「電気電子材料」「制御システム」「ビーム応用」「情報通信」などの専門的研究を行うための足がかりをも与え、多様化する社会的要請に十分に応え、人類の発展と福祉に貢献できる人材の育成に寄与します。

以上の教育方針を確実なものにするため、「電気工学コース」と「電子システムコース」の二つのコースを設け、教育を行います。

何れのコースにおいても、以下の「教育理念」を基本としております。

教育理念:「自然との共生、人類の発展と福祉への貢献を常に意識した、確固とした基礎学力、電気電子工学分野の専門知識とその応用・問題解決能力を有する技術者を育成することを目的とする」

教育コース

電気電子工学科では、当学科の「教育理念」に基づき、確固とした基礎学力を養うとともに、電気エネルギー、電気電子材料等に関する分野、あるいは通信、計測・制御、情報処理等に関する分野の専門知識と応用・問題解決能力を身に付けるための教育に重点をおき、以下の二つのコースを設定して、教育を行います。

電気工学コース(Electrical Engineering Course)

当コースは数学、物理、化学、情報技術、語学の一般的基礎学力、電気磁気学、電気回路、電子回路などの電気電子技術者としての基礎学力は勿論、電気エネルギー、電気電子材料等に関する専門知識と応用・問題解決能力を身につけることに重きをおいた学習コースです。
このコースを履修し、卒業するためには、「電気工学コース教育課程一覧表」に従って単位を修得する必要があります。

電子システムコース(Electronic Systems Engineering Course)

当コースは数学、物理、化学、情報技術、語学の一般的基礎学力、電気磁気学、電気回路、電子回路などの電気電子技術者としての基礎学力は勿論、通信、計測・制御、情報処理等に関する専門知識と応用・問題解決能力を身につけることに重きをおいた学習コースです。
このコースを履修し、卒業するためには、「電子システムコース教育課程一覧表」に従って単位を修得する必要があります。

学習・教育目標

上記の二つのコースでは、「教育理念」を実のあるものとするために、以下の八つの「学習・教育目標」を掲げて教育を行います。

豊かな教養、健全な常識 豊かな教養と健全な常識を持った、社会の一員としての技術者になる。
総合的な教養や常識を身に付け、世界各国の文化・思想を理解し、他国の人と共感できる感性を身に付ける。
倫理観、使命感 自然と人類の共生を常に考え高い倫理観と使命感を持った技術者になる。
技術が地球環境や社会に及ぼす影響・効果を常に念頭に置き、技術者としてとるべき行動を判断できるようになる。
また、時間を守り、与えられた任務をやり遂げようとする責任感を持った技術者になる。
自然科学・情報基礎 自然科学ならびにコンピュータ技術に関する基礎能力を身に付ける。
数学、物理、化学、コンピューターリテラシー等の自然科学、情報科学の基礎的能力を身に付ける。
目標・目的意識 電気電子工学分野の技術者としての目標・目的意識を持つ。
電気電子工学分野の技術者としての将来の目標・目的意識を持ち、勉学に励む。
電気電子工学基礎力 電気電子工学分野の確固とした基礎学力を身に付ける。
電気基礎科目である電気磁気学、電気回路、電子回路などの基本的理論を理解し、応用できるよう身に付ける。
向上心、自主性 好奇心と向上心に富み、自ら考えて行動する技術者になる。
自分の頭で考え、自主的・継続的に学習できる能力を身に付ける。
電気系技術・電子システム系技術専門力 電気系技術者あるいは電子システム系技術者としての専門知識を持ち、その応用・問題解決能力を身に付ける。
電気エネルギー、電気電子材料等に関する専門科目を開講するコースと通信、計測・制御、情報処理、組み込みソフト等に関する専門科目を開講するコースを設け、電気系技術者や電子システム系技術者として不可欠な専門教育を行い、戦記系技術者あるいは電子システム系技術者としての専門知識を持ち、その応用・問題解決能力を身に付ける。
実践力、チャレンジ精神 新しい産業や分野をも創造しうる実践力とチャレンジ精神を養う。
本学の伝統であるベンチャー企業精神を受け継いだ実践力のある技術者になる。

電気電子工学科の教育について

電気電子工学科は、教養教育(総合基礎部門)と専門教育(専門教育部門)からなる教育課程を体系的に編成し、実施しています。
 教養教育は、人文・社会科学、語学、体育等からなります。これらの科目の履修を通して、社会の責任ある形成者として必要な教養と、英語を含むコミュニケーション力を身につけます。
 専門教育は、数学、物理学、化学、技術者倫理等の理工学の共通科目と電気回路、電子回路、電気磁気学、プログラミング等の電気電子工学の科目からなります。講義・演習・実験等を適切に組み合わせたこれらの科目の履修を通して、電気電子工学の知識と、それらを活用して、社会での問題を発見し、解決するために必要な思考力・判断力・表現力等を身につけます。
 教養教育や専門教育における演習・実験での少人数のグループワーク、集団討論や卒業研究での担当教員との討論、プレゼンテーション、さらにキャリア教育での多様な活動等を通して、主体的に学び続け、学んだことを分かち合い、多様な人々と協力して、電気電子工学科が重視する理工系の科学・技術を用いて社会貢献する意欲を身につけます。
 またシラバスに示す厳格な成績評価と単位認定を行うとともに、修得単位数にもとづく個別指導を行うことにより、個々の学生の達成度に応じた学修を進めることができるようにしています。

電気電子工学分野は、電気エネルギーから情報通信までの幅広い領域を含んでいます。そこで本学科では、一人ひとりの学生が早い段階で将来の進路に応じた有意義な学びを展開できるよう、「電気工学コース」と「電子システムコース」の2コース制を導入。「電気工学コース」では電気エネルギーや半導体,ナノテクの分野を中心とした教育を、「電子システムコース」はロボット制御や情報通信の分野に組み込みシステムの分野を加えた教育を行いながら、社会の要請に応えられる優秀な技術者を育成していきます。

コースの選択は,電気電子工学のことを理解した上で2年次に行います。
電気工学コースは「電気主任技術者」、電子システムコースは「電気通信主任技術者」の資格取得に有利なカリキュラムで構成されています。

専門教育のカリキュラムは、
(1)電気電子工学の基本となる「電気磁気学」「電気•電子回路」「デジタル回路」「プログラミング」など
(2)エネルギーや環境について学ぶ「エネルギー工学」「電気機器工学」「高電圧工学」など
(3)電子物性やデバイスについて学ぶ「電気電子物性論」「半導体工学」「電気化学」など
(4)システムや情報通信について学ぶ「制御工学」「通信システム」「ネットワーク」「データベース」など
(5)実感教育の核となる「電気電子ゼミナール」「電気電子工学実験」など
で編成されています。

主な卒業論文のテーマ

  • 電子顕微鏡の高機能化・高性能化に関する研究
  • 非平衡(低温)大気圧プラズマ源を用いたミドリカビ殺菌に関する研究
  • 地上デジタル放送の受信環境評価方法の開発
  • 光波長多重技術を活用したマイクロ波・ミリ波帯無線通信システムの研究開発
  • 作業をするロボットのためのコントローラの開発
  • 太陽光発電システムの性能低下診断に関する研究
  • ラジカル制御プラズマプロセスを用いた新規カーボンナノ構造体の創成と次世代電子デバイスの開発
  • 低環境負荷材料によるエネルギーシステムの模索

FEATURE

  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ