理工学部/電気電子工学科電気電子工学科

先端技術を未来につなげる。

電気のスペシャリストが
快適な未来を創造する。

電気電子工学の基礎力と応用力を駆使して、自然との共生や人類の発展と福祉に貢献できる技術者を育成します。「電気工学コース」「電子システムコース」の2つのコースを設け、高度化する科学技術に対応できる専門能力を養います。

電気電子工学科 学科運営Webサイト

学科の特徴

01POINT

将来の進路選択につながる2コース制

早い段階で将来の進路に応じた学びを展開できるよう、2コース制を導入。2年次に「電気工学コース」「電気システムコース」から選び、それぞれの学びを深めます。

02POINT

ハードとソフトに精通した実践的人材

電気工学コースは「電気主任技術者」、電気システムコースは「電気通信主任技術者」の資格取得に有利なカリキュラム構成。ハード・ソフトの双方に精通する人材を育成します。

03POINT

4つの研究領域

「エネルギー・環境」「電子物性・デバイス」「システム・情報通信」「電子生命情報」の4つの教育・研究分野を柱に、それぞれの最新技術を学べるカリキュラムを編成しています。

04POINT

基礎学力と専門能力をバランス良く修得

電気磁気学、電気回路、電子工学といった専門基礎科目はもちろん、エネルギー、ロボット、情報通信などを網羅した「実感教育」を通して、幅広い分野への専門応用力を磨きます。

カリキュラム

電気電子の専門基礎科目で思考力を養いながら、技術の高度化に対応できる知識とスキルを身に付けます。また、技術者に不可欠な倫理教育にも力を入れています。

PICK UP

エネルギー変換・発生工学

様々な発電システムや発電技術とともに、送・変電、配電などの仕組みについて学びます。

電気磁気学I・II

電荷と電場、電流と磁場、電磁誘導と電磁場などを定量的に表す方法と考え方を学びます。

制御工学I・II

制御を行うためのシステムと、フィードバック制御の理論・応用を学びます。

人材養成目的その他教育研究上の目的

電気電子工学科では、「自然との共生、人類の発展と福祉への貢献を常に意識した、確固とした基礎学力を持ち、いかなる場面においても働くことを厭わない実践力に富んだ、チャレンジ精神旺盛な技術者を育成することを目的とする。」との教育理念の下、基礎教育を重視しつつ、特に電気エネルギー、電気電子材料等関連分野と通信、計測・制御、情報処理等関連分野に貢献できる人材の育成を目的としています。

就職に強い名城大学

就職先について

卒業後は、在学中に培った知識・技術を活かして、電気技術者として活躍しています。また、卒業生の約25%が修士課程へ進学。さらなる専門知識の修得し、実践的な研究活動を通じて、技術者としての素養を身に付けます。

就職率

100%

(2017年3月卒業者)

在学中に受験できる資格をはじめ、卒業とともに取得できる免許・資格があります。

取得できる免許・資格

NEWS

MORE

EVENT

MORE

FEATURE

  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ