理工学部/メカトロニクス工学科研究室紹介

井上研究室

図、写真

電気電子材料・デバイス技術、無線利用技術などの観点からメカトロニクス・システムの高度化を目指します。
材料の一例の超伝導体の場合、これを用いたデバイスは超低消費電力性や超高感度性などの特長を持ち、超伝導デバイスの特性解析や計測装置などへの応用を図ることにより従来より格段に機器性能が向上したり新しい機能が実現したりすることが期待できます。
学生の自由な発想による装置開発も積極的に進めます。

図:超伝導ナノブリッジ・デバイス

高畑研究室

図、写真

準天頂衛星(みちびき)からの実際の測位データを基にして、自動車のSBW(ステアバイワイヤ)制御システムについて、実験車両を用いて、走行実験を行い、SBW制御則の研究・開発を行っています。
また、バイオメタンガスを燃料とするガスエンジンのガバナーシステムについて、エンジンの補機類(気化器等)のメカトロ化と電子ガバナー制御則の研究・開発を行っています。

図上:GPSとIMUを用いた車両走行軌跡の制御
図下:小型ガスエンジンの運動性能向上にむけた取り組み

大道・芦澤研究室

図、写真

日本の社会の抱える問題に対し、メカトロニクス技術の貢献できる分野は数多く存在しています。例えば、エネルギー問題に対しては運動の適正化による画期的な効率向上の実現によって貢献することができます。少子高齢化に対しては人とメカトロニクス機器が協調し、少ない労働力で超高齢社会を支える生産システムの構築によって貢献できます。研究室ではこれらの概念の実現性を例証するメカトロニクスシステムを提案しています。

図:天井解体ロボット

楊研究室

図、写真

ロボットに人間のような知能・行動能力を持たせたいというのは長年にわたる人類の夢です。
当研究室では、制御・情報処理技術により知能機械システムを設計、製作、ロボットシステムの要素技術、知能システムを実現するための基礎となる手法を学ぶだけでなく、よりよいシステムがないかを考えるなど研究を行っています。

図:楊研究室の研究風景

野々村研究室

図、写真

MEMS (Micro Electro Mechanical Systems) 技術による超小型センサを用いた自動車用、ロボット用センシングシステムの研究を行っています。特に神経網型触覚センサシステムにおいて人間が持つ触覚機能をセンサと特注LSIとネットワークで実現することを目指しています。これにより人間の持つ五感機能の一つとされる触覚検知のメカニズムを明らかにし、医療、ロボット、自動車などへ展開できる技術に育てたいと思いす。この技術は人や動物の運動状態や健康状態を検知し、スマホやネットワークと連携するインターネットセンシングにより大きく発展することが期待されています。

図:開発したMEMSセンサの例(※注)
注:出典 Y. Hata, Y. Nonomura, et ,al, IEEE MEMS 2014

大原研究室

図、写真

ロボットは、機構,アクチュエータ,センサ,制御回路,ソフトウェア,ネットワーク技術など様々な技術を統合したシステムです。こうした多くの要素が含まれるロボットシステムでは、ハードウェア/ソフトウェアの各要素をどのように組み合わせ、システムを構築していくかが重要なポイントとなってきます。本研究室では、こうした複雑なロボットシステムを俯瞰的にとらえながら、階層的、モジュール的にシステムを構築(デザイン)していきながら、汎用性の高いロボットシステムの構築方法の確立を目指しています。

図:音声認識を用いたロボット制御の様子

福田研究室

図、写真

マイクロ・ナノデバイス技術から世界最先端のロボットまで幅広く実践的で新分野を開拓する研究を行っています。次世代機械システムに必要とされるマイクロ・ナノメートルレベルのデバイス技術や高度な制御技術を基盤とし、バイオ・医療・福祉分野への応用を目指したメカトロニクスに関する教育・研究を行っています。例えば、新しいマイクロ・ナノマニピュレーションシステムやマイクロ・ナノロボットの実現、人の意思を瞬時に推定し適切な支援を行う支援制御や、分散共有知覚を行うマルチロボットの協調制御などを駆使し、実問題の解決を見据えた次世代機械システムの研究・開発を行っております。

図:福田研究室の研究概要

市川研究室

図、写真

筋肉や腸が効率的に力出したり栄養補給することができるのは、マイクロサイズの細胞システムが効率良く作用するからです。このようなマイクロ領域特有の現象を有効に使い、バイオ,エネルギー,環境の諸問題を解決する研究を行っています。現在は細胞操作のためのマイクロロボットやマイクロエネルギー発電,センサの研究を行っています。

図:磁気駆動マイクロロボットによる牛卵子の除核

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ