理工学部/メカトロニクス工学科メカトロニクス工学科

電気と機械の融合。

機械と電気を融合させて、
新時代のシステム開発に挑戦。

メカトロニクスとは、機械と電気が融合する技術・学問を意味しています。電気自動車や医療機器など様々な分野で必要とされている技術です。メカトロニクス工学科では、それらの分野で求められる技術者を養成し、新時代のシステム開発に挑戦していきます。

学科の特徴

01POINT

電気・機械・情報をバランス良く学ぶ

「電機電子工学分野」「機械工学分野」「医療バイオ技術分野」の3つに分かれます。電子工学科、機械工学科、交通機械工学科との連携し、バランスよく学びます。

02POINT

システム設計思考力を育成するための学び

電気自動車の設計などのシステム機能の構築には「システム設計思考力」が必要です。テーマを決めた長期的な実験実習を集中的に行うことで、システム設計思考力を身に付けていきます。

03POINT

3分野の深耕プログラム

機械系のM分野では工作機械システムや生産システム、電気系のE分野では電機自動車やロボット系コントローラ、そして医療系のH分野は医療機械や福祉機器などが研究対象です。

カリキュラム

メカトロニクス工学の基礎となる機能モデリング能力を養成。「電気・機械融合領域における機械システム」の設計力を身に付けた上で、3分野の深耕プログラムへ進むカリキュラムです。

PICK UP

メカトロニクス実験I・II

熱や流体をはじめとする機械系科目、電気・電子や電磁気学などの基礎を学びます。

バイオメカニクス

バイオメカニクスの基礎となる細胞システムと、それに関連した研究の紹介・解説を行います。

医療機械工学

医療機器の技術や、医療機器として重要な安全に関する考え方・設計手法を学びます。

人材養成目的その他教育研究上の目的

メカトロニクス工学科育成の技術者像は以下の通りです。
(1)技術者として自立した倫理観と社会適応性を有し、物事を客観的に議論できる能力。
(2)メカトロニクス領域における自分の専門分野を限定せず、問題解決のための思考力と行動力を有する。
(3)電子機器および機械装置の構成とそのシステム機能を俯瞰的に理解でき、システム構成機器設計の基礎能力を有する技術者(達成される広義の人材像)。
(4)電子機器・機械装置の動力伝達機器やそのシステム、医療機械等の生体に係わる機器のいずれかに対し、その必要機能の構築とその機能モデリング、評価が可能な技術者(直接の教育で焦点化する人材像)。
(5)電気・機械、生体工学に関する基礎知識を有し、その応用能力を有する。

就職に強い名城大学

就職先について

昨今、メカトロニクス技術者はものづくりを支える根幹となり、注目を集めています。卒業後は技術者として、既存の機械の機能を革新し、新しい機械を生み出す力を生かして各分野で活躍しています。

就職率

100%

(2017年3月卒業者)

在学中に受験できる資格をはじめ、卒業とともに取得できる免許・資格があります。

取得できる免許・資格

NEWS

MORE

EVENT

FEATURE

  • FEATURE3
  • FEATURE2
  • FEATURE1