トップページ/ニュース 第2回禁煙ポスターデザイン優秀者表彰式 法学部の中井さんが最優秀賞

学務センターが在学生を対象に募集した禁煙ポスターデザインの優秀者表彰式が1月12日、天白キャンパスのタワー75で行われました。6点の応募の中から、審査の結果、法学部3年の中井美里さんが最優秀賞、都市情報学部3年の坪井伶磨さんが佳作に選ばれました。

表彰式では、勝浦正樹学務センター長が「見やすく親しみやすいデザイン。副流煙の害や吸い殻問題の啓蒙(けいもう)などにも役立てたい」と話し、表彰状と図書カードを手渡しました。
中井さんは「ナゴヤドーム前キャンパス、天白キャンパスの正門アプローチと、毎年キャンパスが整備されていく中、よりきれいな施設を維持して欲しいという思いを込めてデザインしました。学内だけでなく、敷地外でも禁煙を心掛けてほしい」とあいさつしました。

キャンパス内全面禁煙からまもなく2年。学内での喫煙は見られなくなりましたが、敷地外での喫煙マナーについて指摘を受けることもあり、学務センターでは引き続き啓蒙活動に努めていきます。

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ