トップページ/ニュース ハンドボール部が東海学生秋季リーグ戦で優勝、17年ぶりの春秋連覇達成

集合写真 集合写真
ベストセブンに選ばれた石田隆博さん(左)、大橋祥起さん(右) ベストセブンに選ばれた石田隆博さん(左)、大橋祥起さん(右)

東海学生ハンドボール秋季リーグ戦(男子)でハンドボール部が優勝し、リーグ通算25回目の優勝を果たすとともに、春季リーグ戦に続く連覇を達成しました。

この大会は1部リーグの10チームが総当たりで戦い、順位を決定します。本学は初戦の愛知学泉大学戦を皮切りに順調に白星を重ねますが、第7戦の中京大学戦で敗れ6勝1敗。第8戦の中部大学戦は、残り90秒で貴重な追加点を入れて接戦を制し、最終戦に優勝の望みをつなぎました。優勝をかけた最終戦の大同大学戦では、終盤まで一進一退の攻防を繰り返しましたが、終盤に攻守ががっちりかみ合った本学が相手の追撃をかわし、26対24の2点差で勝利しました。

これにより11月3日から金沢市で開催される全日本インカレの出場権を獲得。ハンドボール部の今後ますますの活躍が期待されます。

【東海学生ハンドボール秋季リーグ戦結果 8勝1敗(勝点16)】

日 程対戦相手結 果
8月26日(土) 愛知学泉大学 40-24(勝)
9月2日(土) 岐阜大学 30-25(勝)
9月3日(日) 朝日大学 37-27(勝)
9月9日(土) 愛知教育大学 39-20(勝)
9月10日(日) 岐阜聖徳学園大学 37-26(勝)
9月16日(土) 愛知大学 28-20(勝)
9月24日(日) 中京大学 21-25(負)
9月30日(土) 中部大学 27-25(勝)
10月1日(日) 大同大学 26-24(勝)


【最優秀選手賞】
坂井 龍之介(コートプレーヤー/法学部4年)

【ベストセブン】
石田 隆博(コートプレーヤー/法学部4年)
大橋 祥起(コートプレーヤー/理工学部3年)
本多 敦貴(ゴールキーパー/法学部1年)

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ