在学生・教職員/受賞 薬学部の岡本教授が粉体工学会・製剤と粒子設計シンポジウムで製剤と粒子設計学術賞

受賞者 岡本浩一さん(薬学部薬学科教授)
受賞名 第34回製剤と粒子設計シンポジウム 平成29年度製剤と粒子設計学術賞
受賞日
開催地
2017年10月26日
リーガロイヤルホテル小倉(北九州市)
受賞テーマ 高分子医薬の吸入粉末剤設計と評価法の確立
本賞は、医薬品製剤、化粧品、農薬、その他化学工業製品に関わる学術基盤または有益な新技術を構築し、社会への還元を図ることを目的とし、製剤と粒子設計分野において優れた業績を達成した研究者に対して授与されます。
岡本教授は、1998年に本学薬学部に着任以来、ペプチドや核酸・遺伝子吸入粉末剤の開発研究を行い、世界に先駆けてその有用性を報告してきました。また、近年では臨床使用されている吸入剤の評価系の確立を行うなど、6年制薬学部として臨床に貢献できる研究にも力を入れています。今回、基礎から臨床にわたる吸入粉末剤に関する幅広い研究成果が高く評価され、学術賞が授与されました。

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ