トップページ/ニュース 【速報】杜の都駅伝2017で女子駅伝部が12年ぶり2回目の優勝、日本一に

念願の優勝を達成した女子駅伝部 念願の優勝を達成した女子駅伝部
チームメートの元に飛び込む玉城選手 チームメートの元に飛び込む玉城選手

女子駅伝部が10月29日、仙台市で開かれた第35回全日本大学女子駅伝対校選手権大会(杜の都駅伝)において12年ぶり2回目の優勝を果たしました。

台風22号が迫り強い雨が打ちつける中、同大会は弘進ゴムアスリートパーク仙台(仙台市陸上競技場)をスタート、仙台市役所前市民広場をゴールとする6区間38kmのコースで行われました。

1区(6.4km)では青木和選手(人間学部3年)が軽快な走りでトップと6秒差の2位で2区(5.6㎞)を走る德永香子選手(法学部法学科2年)へたすきをつなぎました。德永選手はトップの中央大学をすぐに捉え、首位で3区(6.8㎞)の主将、赤坂よもぎ選手(法学部法学科4年)へ。4年連続出場となる赤坂選手は安定した走りでトップを守ります。4区(4.8㎞)を走った松浦佳南選手(人間学部3年)は立命館大学に追い抜かれるも、粘り強い走りを見せ、2位でたすきを第5区へ。最長区間である5区(9.2㎞)では、期待の1年生エース、加世田梨花選手(法学部法学科1年)が激走。立命館大学を3㎞付近で捉えた後、並ぶ間もなく突き放し首位で最終6区(5.2㎞)へ。アンカーを務めた玉城かんな選手(法学部法学科3年)は区間賞を獲得する見事な走りを披露。12年間の思いがこみ上げ号泣する米田勝朗監督(法学部応用実務法学科教授)と笑顔いっぱいの部員らが待つゴールに飛び込みました。(優勝タイム:2時間5分15秒)

ご声援いただいた皆様、ありがとうございました。

優勝コメント

米田勝朗監督
この大会が仙台の地に移った時に優勝させていただき、それから今日の優勝まで12年かかりました。以前からの指導方針を変え、今では学生の自主性にまかせ、「自分たちで勝つ」というチームをつくり上げてきました。多くの人に支えられ、ようやく優勝することができました。ありがとうございました。

青木選手(1区)
今までやってきたこと全てをたすきに込めて走りました。最後は日本一になれる位置でたすきをつなぐことができました。

德永選手(2区)
優勝に貢献できる走りを見せることができた。落ち着いてキャプテンにたすきを渡すことができて良かったです。

赤坂選手(3区)
絶対優勝できると思っていたので本当に良かった。最後にみんなが笑わせてくれて、スターばかりに囲まれて本当にうれしいです。

松浦選手(4区)
自分は抜かれてしまったが、最後まで気持ちを切らさず、みんなのことを思いながら走りきることができました。

加世田選手(5区)
監督から「焦らずに攻めればいい」と言われ、少しずつ差を詰めていきました。沿道の声援が何度も聞こえ、初めての距離でも走っていて楽しかった。最後まで自分らしい走りができたと思います。

玉城選手(6区)
監督から優勝したら世界が変わると言われていたので、少しでも早くゴールしたかった。後続の追い上げが怖かったが、みんなが待っているゴールに笑顔で入ることができて良かった。

全日本大学女子駅伝 名城大学女子駅伝部成績
区間選手名個人タイム個人順位総合タイム総合順位
1区青木  和 20:44 区間2位 20:44 総合2位
2区德永 香子 18:08 区間2位 38:52 総合1位
3区赤坂 よもぎ 22:38 区間5位 1:01:30 総合1位
4区松浦 佳南 16:33 区間4位 1:18:03 総合2位
5区加世田 梨花 30:01 区間2位 1:48:04 総合1位
6区玉城 かんな 17:11 区間賞 2:05:15 総合1位

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ