トップページ/ニュース 空手道部の藤田さんが全国空手道競技大会での優勝を学長に報告

記念写真に納まる藤田さん(前列中央) 記念写真に納まる藤田さん(前列中央)

空手道部の藤田侑大さん(理工学部数学科2年)が9月25日、第53回和道会全国空手道競技大会(8月19、20日、日本武道館)一般男子有級の部で優勝したことを吉久光一学長、佐川雄二副学長に報告しました。 
同大会には、団体戦に66団体、個人戦は児童から中高年まで延べ2200人が出場。藤田さんの一般男子有級の部には37人が参加しました。
藤田さんは「普段は勉強との両立もあり練習時間を十分に確保できていないが、体を動かす喜びを感じながら、のびのびと試合に臨むことができ、結果として優勝できてうれしい」と話しました。
吉久学長は「勉強と両立しながらの優勝は素晴らしい。今後もさらなる活躍を期待している」と健闘をたたえました。

名城大学の空手道部は東海圏で一番の伝統があります。今回は個人戦で優勝を果たしましたが、部員数増加に力を入れ、団体戦でも成果を収め部の発展を目指します。ご声援をお願いします。

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ