トップページ/ニュース 池上彰教授が東海地区大学不動産会で特別講演

  • 講演する池上彰教授 講演する池上彰教授
  • 大勢の不動産関係者で埋まった講演会場 大勢の不動産関係者で埋まった講演会場

名城大学不動産会など15大学の不動産会でつくる東海地区大学不動産会の第6回総会と特別講演会が8月24日、ナゴヤドーム前キャンパスで開催され、池上彰教授が特別講演会の講師を務めました。
池上教授は「トランプ政権と国際経済」の題で、集まった380人を前に話しました。アメリカのトランプ大統領の人間観から話を始め、トランプ政権の内情を解きほぐしていきました。不動産をはじめとする経済関係者が聴衆とあって、国債価格、為替、金利の動向なども解説しながら国際情勢を先読み、深読みするヒントを提示しました。内容の濃い講演に参加者は満足し、「池上さんを教授で招いた名城大学はすごい」と感心する人もいました。
名城大学不動産会は1971年から2016年までの卒業生82人が加入し、会長は宮島栄一第一ハウジング株式会社代表取締役(1987年、商学部一部商学科卒)です。

FEATURE

  • MEIJO DIAMOND
  • ナゴヤドーム前キャンパス
  • ナノマテリアル研究
  • 社会連携センターPLAT
  • MS-26 学びのコミュニティ